任侠作品単発・短編

『修羅の世界』俺は組の捨て石でいい。それが俺の生き様だと思ってる

修羅の世界 単発・短編
任侠作品『修羅の世界』の「あらすじ、キャスト・スタッフ、登場人物、相関図、個人の感想」を記載しています。
【予告編】映画『修羅の世界』2022年1月29日(土)より、池袋シネマ・ロサにて劇場公開
スポンサーリンク

概要

あらすじ

横浜に代々拠点を築く任侠団体・龍安組。その組長である円月(渡辺裕之)の教えにより、麻薬の商売は御法度であった。

しかしながらこの時代、ヤクザのしのぎは厳しく、多くの所帯を抱える任侠団体にとっては生きづらいご時世であった。

龍安組の毛利(的場浩司)は敵対組織である山神組の組長を暗殺。
麻薬の取引が行われていることを知り、円月の教えを忠実に守るために行った行為であったが、中立派の土井(小沢和義)と毛利との間で対立が生じる…。

そんな中、毛利は円月から「倅を一人預かって欲しい。アイツを一人前の男にしてほしい」との相談を受ける。
円月の息子である才賀(榊原徹士)は無鉄砲な性格で気性が荒く、毛利率いる毛利一家で住み込みで働くも、「儲からない上、面倒くさい仕事が多いヤクザなんかやってられるか」とさっさと抜け出し、親である円月に報告。
その才賀を、円月は勘当することに。

実は円月に一番認めてもらいたかった才賀であったが、その最中、円月が何者かによって命を狙われてしまう…。

(引用:ライツキューブ

キャスト・スタッフ

出演:的場浩司
榊原徹士  青木玄徳  浜田学  黒石高大  堤下敦(インパルス)
日向丈  ヒデ(ペナルティ)  長友光弘(響)   木田佳介
遠山景織子  星田英利  松田賢二  小沢和義 / 渡辺裕之

(引用:ライツキューブ

 

ストーリー

\オープニング♪/→公共浴場→山神組組員と組長の暗殺→みんなで食事→龍安組の幹部会→毛利と土井→円月の頼み→息子と初対面→【中華料理屋】円月の囲碁→子は父に問う→マツに色々教えてもらう→死体処理、埋めなおし→毛利一家を抜けようと才賀は円月のもとへ→円月、襲撃を受ける→【山神組】円月襲撃によろこぶ→【病院】毛利ら、龍安組幹部たち→【毛利一家】山神組へカチコミ→毛利とドウマエ→【龍安組】毛利と土井→才賀、がんばる!→【病院屋上】円月と毛利→【龍安組】5代目の執行部入りについて→土井とヤエガシ→【九龍城】才賀とヤエガシ→【店の前】野球する毛利一家たち→才賀、ヤエガシの件を相談→才賀とまつ、半グレと接触→【病院】円月、才賀、毛利、土井、ヤエガシ→【店】毛利と才賀→【龍安組】幹部会、才賀の処遇について→【店】毛利一家(毛利以外)→【公園】毛利ひとり、タバコを吸う

2へ続く⇒

 

 

 

登場人物

龍安組

四代目組長→(引退):円月
若頭→五代目組長:土井(どいけん)
舎弟頭→五代目顧問(相談役):マチムラ
舎弟→五代目若頭:ヤエガシ

毛利一家

舎弟→五代目本部長:毛利
組員:ドウマエ
組員:ダイカツ
組員:タンノ
組員:マツ(マツナミ)

円月の実子/二代目円月(五代目本部長補佐):カワカゼ?才賀
VIPの店主:ミカコ

 

山神組

組長:?
若頭:サカキ
組員:(?)
組員:(?)

半グレ

アソウ
タニ
マチダ
カトウ

その他

中華料理屋(九龍城)の店主:チョウ
中華料理屋(九龍城)の娘:?

 

修羅の世界_相関図

 

 

ココが好き!

【舞台】横浜
【サービスシーン】こわいお兄様方のお風呂。入れ墨バーン!!
【毛利一家の店】:VIP
【囲碁している中華料理屋】:九龍城
【磨いてる車】:横浜330 よ59-10

 

ドンパチ!

龍安組組員5名→山神組若頭、組長

公共浴場。
サカキ(山神組若頭)が入浴中のところ、タンノの電話経由で毛利と会話。

長ドスで、山神組組員の左顔面シュパン!!
話し合いをしおうと提案するが、

タンノは、サカキの身体に2振り。
窓ガラスでヘタっているところ、背中に1振り。

 

【サカキ(山神組若頭)……死亡】

毛利→山神組組長

中華料理店。

毛利は後ろに隠していたチャカを出して、山神組長へ数発発砲。

その後……
ダイカツは、中華包丁で亡くなった山神組長の左指(親指以外)を叩き切ろうとする。
が、
うまく斬れないので、
毛利が代わりに、バ~~ン!!と指を切り落とす!!!
床に飛び散る指!指!

 

【山神組組長……死亡】

毛利一家→才賀

才賀、毛利一家たちと初の顔合わせで。

反抗的な態度に、ダイカツ、タンノからボッコボコに!

ドウマエ→ダイカツ

VIP店内で。

ドウマエは、ダイカツに木刀で何度も叩く!!
(理由:山に埋めた遺体の処理の甘さ)

そのあとも何度も蹴る!蹴る!蹴る!

ヒットマン→円月

才賀が円月に抜けると報告したあと、

円月「勝手にしろ。金輪際、おまえの尻ぬぐいはせんからな」
才賀「ちょっと聞いてくださいよ、お父さん。お願いしますよ」

対面から来たヒットマンに発砲を受ける。

才賀はヒットマンを追うも、バーン!とナイフを受けて消沈。
後からきた龍安組組員たちが、ヒットマンを追う。

 

【円月……負傷】

毛利一家→山神組

毛利たち、山神組事務所へカチコミ。

サカキとの対面。
ドウマエは、ドスを出し、戦闘態勢。
サカキはチャカを出すも2発撃つも当たらず逃げる。

逃げたその先で、他の毛利一家らと。
サカキは叫び山神組組員たちも呼ぶも、誰も来ず。
(毛利一家がはカチコんだ時すでに対処済み)

毛利は、サカキの足に発砲。
左コメカミに銃口を当てるが、倉庫へ連れて行く。

才賀は、サカキをボッコボコに!
毛利は、発砲。
サカキはその後、命乞いをするも、サカキの左足太ももに球を受ける。

シャブの件は、龍安組に仁義は通してた。
土井が関係していた(裏では黙認されていた)ことを知る一同。

毛利「命欲しさに戯言ふいてんじゃねえぞ、このやろう!」

毛利は、サカキに数発発砲。

 

【サカキ……死亡】

 

毛利→才賀

円月の病室で。
【現場にいる人】円月、毛利、土井、ヤエガシ、才賀

才賀は「ヤエガシ、5代目がシャブを扱っている」ということに対して、土井は否定。

激情した才賀は土井に1殴り。

それに対して、
毛利は才賀に殴る!蹴る!
イスをもって何度も殴る!!殴る!!

円月に止められて、落ち着く毛利。
毛利は土井に謝罪するが、土井は怒ったままで出ていく。

 

才賀の「破門」願い

才賀は五代目である土井に手をあげた為、幹部会で『破門』の流れとなる。

が、
毛利は『破門ではなく除籍』を申し出る。
自身の左小指を落とし、土下座をして請う。
(本家への出入りを控えることを命じられる)

 

【才賀は引退/毛利は降格】
【毛利……左小指落とし】

 

スポンサーリンク

龍安組の流れ。

  • おくすりは御法度!(初代から通してきた筋)

幹部会のあと……

毛利と土井。

土井「いきなり頭とることねえだろ。仲裁だってよ。マトがでかきゃあそれなりに、包まねえとシャンシャンとはいかねえんだよ。ケツ拭くこっちのことも考えてくれや」
~~~(略)~~~
毛利「俺は、龍安組円月の命で動いてる。その俺にケチつけるってことは、親父にツバ吐いたも同然じゃないですか」
土井「おい、何絡んでるんだよ」
毛利「最前線で身体賭けてる者に、カシラのアンタがそんな安いうたこいちゃあいかんでしょ」
土井「そりゃそうだけどよ。今のご時世、分かってんだろ? あんま無茶すっと親父にまで手回んだぞ」
毛利「俺は龍安の生き様、貫くだけですよ」

意見が合いません(´-ω-`)

 

毛利と土井

毛利一家が山神組にカチこんだことにより、山神組は全面降伏。

土井「あのな、今は戦国時代じゃねえんだよ。昭和でもなけりゃあ、平成でもねえ、令和だぞ。令和! そのへん少し分かれよ」

毛利は『土井が山神組を動かしていたか』を問うが、
土井は「サカキの与太話だ」と一蹴。

 

四代目(円月)の引退によって新体制へ

  • 5代目:土井
  • 若頭:ヤエガシ
  • 毛利:本部長
  • 才賀:本部長補佐(毛利との親子盃により)

ヤエガシの企み

中華料理屋(九龍城)。

ヤエガシは、才賀をに呼び話をする。

ヤエガシ「躾がなってねえな、毛利の兄貴も。まあ、若は別格だからしょうがねえか」
才賀「すみません」
ヤエガシ「謝ることはねえよ、俺はな。カシラでもリベラル派だ。上よりも下の人間を大事にする。ゆとり世代大歓迎だ!」

ヤエガシは、毛利は絵に描いたようなヤクザだが古い。
そして、才賀にお金儲けの話を紹介する。

 

円月に問い詰められて

才賀は、
「ヤエガシと土井が半グレを使ってシャブを扱っていたのでは?」と確信し、円月に報告。

円月は土井に再度確認も、土井は「やっていない」。
(ヤエガシは目が泳ぐ)

これ以上問い詰めるなら、「戦争したって構わない」と毛利への宣戦布告!

マチムラさん!

  • マチムラ:毛利が降格した時、執行部へ復帰できるように、マツに組を持たせて金稼がせる提案をする。(毛利のために)

 

スポンサーリンク

円月の頼み(息子の行儀をつけてほしい)

円月の息子=

  • 横須賀の子、アメリカに留学した。
  • 強がって何かと事を起こす。大学をでる前にギャングになって、刑務所にぶち込まれた。
  • 気性はなかなかだが、甘やかしてしまった子。

初対面

毛利「円月の親父から預かった……おまえさんの命。だから、俺は命がけでおまえを男にする。いいな」
才賀「んなことしてもらわんでも、こっちはこっちで男やってますけど!」
~~~(略)~~~
毛利「実子だろうが、円月に恥かかすようなマネしたら只じゃおかねえぞ」

才賀は反抗的な態度。

一度、ダイカツに落とされれるが、
目を覚ましてさらに反抗する。
なので再び、ダイカツ、タンノからボッコボコ!

 

どうして?暴力団にならなければならないのか?

才賀「なんで、……なんで、俺が今更、時代遅れの暴力団になんなきゃないんですか?」
円月「なれとは言っとらん」
才賀「じゃあなんで!」
円月「作法を学べ」
才賀「作法?」
円月「学校、アメリカ、ムショ、今まで学んでこなかったものを毛利から学べ。おまえもいい年だ。なにかひとつくらいやり遂げて俺から卒業してみろ」

(作法……それはとても大事なこと。我々一般人にとっても!)

 

毛利一家を抜けたいです……

才賀は、円月に毛利一家を抜ける報告しにいく。

円月「毛利から話は聞いた」
才賀「……すんません、やっぱ無理です」

円月は才賀に殴り一発。
そして、去る。

その後、円月はヒットマンに撃たれる。

 

呼び方はお父さん!!

才賀の『お父さん』呼びがいい!
毛利のもとに来る前は、アウトローな生活を送っていたはずだから、
父(円月)をもっと粗雑な呼び方をしていても良いのでは?
と思っていたら、
病院屋上のシーンで、父への憧れや尊敬があるからかな?
『お父さん』呼びに、「子供の時の呼び方そのままなのか~」とほっこり(^J^)

 

子どものころになりたかったもの。

才賀「俺、ガキのころから親父みたいになりたかったんです。良い服きて、みんなが頭下げて、この人にできねえことって、この世に一つもねえんじゃないかって。俺もあんな風になりたかった」
毛利「くだらねえ。男の値打ちってのはな、そんなもんじゃねえんだよ!」
才賀「わかってますよ! 今は無理だってこと。でも、作法とか義理とか筋とか、どれも曖昧で、下積みしたらできるんですか?! なれるんですか! 親父みたいに」
(毛利、才賀の頭を掴んで)
毛利「おまえは何にもわかってねえ」

(違う違うそうじゃない。言いたいことはそうじゃない。)
(毛利の「男の値打ち」から、才賀の「わかってますよ(わかってない))

 

スポンサーリンク

毛利一家の流れ

  • 毛利のことを親分ではなく皆「アニキ」と呼ぶ。(全員一律、毛利の舎弟扱い)
  • 親は本家の円月組長ひとり。(円月をさしおいて、誰の親にもなれない超堅物)
  • 事務所はない。お店VIPのみ(毛利曰く「余計なモノ持つと若え者が苦労する」)
  • 質素倹約!(車だけは良い物をドウマエが購入)
  • 汚れ仕事が多い。

マツに教えてもらう。

才賀はマツと……
車磨きのあとに、買い出し。

才賀「休みなし、給料なし、お寺の修行僧みてえで何がいいわけ?」
マツ「飯炊き3年、雑巾がけ5年っていうけど」
才賀「楽して良い格好する為に、ヤクザしてるんじゃないんですか?」
マツ「稼げねぇ、かっこわりぃ、危険の3Kだ」

ふむふむ(´-ω-`)

 

どうしてヤクザになるのか

才賀「何でヤクザになったんですか?」
ダイカツ「なんで? ああ~~」
タンノ「アニキが好きだからだろ? やっぱり」
ダイカツ「だな」
才賀「何がいいんですか?」

才賀、運転している後部座席からタンノに蹴っとばされる!

  • ダイカツ:毛利は「はじめて、この人だな」と思える人。(親や先生は尊敬できなかった)「いつかこういう風になりてぇな」

ドウマエの暴力に対して

ダイカツがドウマエからボッコボコにされた後…

才賀「あんな風にしばかれて、ぶっころしてやろうとか思わないんですか?」
ダイカツ「もう慣れっこだよ。悪い人じゃないし、ドウマエのアニキも、なんちゅうか、その……」
タンノ「情があんだよ。一般社会には無い情ってのが」

(どうして、一般社会には情が少ないのでしょうか? 全く無いわけではないけれど、決して多くはないでしょう)

 

山神組事務所をカチコんだ後……

才賀は、精力的に仕事をする。

写真が変わっている。
才賀も一員です!ほっこり(^J^)

 

円月二代目(毛利と才賀の親子盃)以降~

  • 毛利、才賀と親子盃。
  • 他は兄弟盃(7:3)ほぼ親子だが兄弟関係。
  • 稼業名は「円月(二代目)」
  • シャブ以外のシノギは大歓迎!

 

ヤエガシの紹介で半グレに会う

才賀とマツは、ヤエガシ経由で
半グレの仕事(闇金の回収)を紹介される。

早くに稼ぎたいなら、「シャブ(半グレ独自のルート)」と。

⇒⇒⇒それはつまり……
以前調べた時は、証拠が出なかったのは、半グレを使っていた為。

 

才賀、土井を殴ったあと……

VIP店内で…

才賀「親父がやるべきだったんですよ」
毛利「ああ?」
才賀「どいけんはやっぱし器じゃありませんよ。龍安は毛利に譲るべきだったんですよ、親父は」
毛利「俺は組の捨て石でいい。それが俺の生き様だと思ってる」

かっこよか!!

毛利は降格。才賀は除籍。
(つらいです毛利一家があの地位に上がるまで、どれほどかかってきたか(´Д⊂ヽ)

 

スポンサーリンク

遺体のゆくえ

エンコは宅急便でお届けいたします

ドウマエ「エンコは?」
タンノ「あ、どうやって届けんだ?」
ダイカツ「え? 宅急便」

毛利とドウマエ、飲んでいた酒を吹き出す。

「ナマモノ」「要冷蔵」「生もの お早めにお召し上がりください」のラベルのついた箱。

毛利「宅急便?」
ダイカツ「大丈夫ですよ。クール便でしっかりと送っておきました」

((「わ~~宅急便だあ!なんだろう?(´▽`*)ワクワク」と開けたら、指が入ってた時の人の気持ち考えたことあります?))

 

ムクロはどうしたの?

ドウマエ「むくろは! ちゃんと刻んで埋めたんだろうな?」
ダイカツ「大丈夫ですよ。例の場所にきっちり埋めましたから」

夜の山。
青いビニール袋を運ぶダイカツとマツ。

((運んだ後に、刻んだのだろうか? 刻むって、どのくらい刻んだ状態のことを指すのだろう?_?))

と、思っていたら……
中盤でそのことに触れています。

 

埋めの甘さを注意されました

ドウマエ「いいか? もういっぺん埋めなおしてこい。あんなんじゃあ、また熊に掘り起こされちまうだろうが! なんべん言やあ分かんだ! このバカ!」
毛利「ドウマエ、しかるな。分かるように教えてやれ」
ドウマエ「いや、でもこのバカ……」
毛利「バカはバカでも、なかなか賢いバカだ。な!」

(´Д⊂ヽひぇ。
毛利さんのフォローがやさしい。

⇒⇒⇒再び、遺体の埋めなおしへ。

 

実はモノゴトを教える側も難しいし、教わる側も難しい。

ただ「言えばいい」ってわけじゃないし、その人に合った言い方も大事だ。
聞く側もただ聞いてればいいわけではなく「理解しない」といけない。

 

あ~~深いね~~( ˘ω˘ )

中華料理屋(九龍城)で、
円月さんとチョウさんと囲碁。

チョウ「若いヒトは、行儀ない」
円月「でもね~。若いのがダメってことは、それだけ手本になる大人が居なかったってことなんだろうし、そっちばっかしに責任をつけるのも、何だと思うけどね」
チョウ「あ~~深いねえ、社長。とても深いよ」

あ~~深い!! とても深い!!

子に「あーしてほしい、こうなってほしい」という前に、
そういうあなたは、そういった姿を子に見せていたのでしょうか?
(また、自分はできるから子もできるだろうと、それを押し付けていないでしょうか)

 

聖地巡礼!

  • マツが車磨きしながら、才賀に教えている場所
  • 毛利一家が野球している場所

パブ・レストラン石川/駐車場:茨城県土浦市

修羅の世界_茨城県土浦市

 

 

好きなセリフ!

【毛利】「バカな子を持つと親も大変だな」
【土井】「仲裁だってよ、マトがでかけりゃそれなりに包まねぇとシャンシャンとはいかねえんだよ。ケツ拭くこっちのことも考えてくれや」
【円月】「若いのがダメってことは、それだけ手本になる大人が居なかったってことなんだろうし、そっちばっかしに責任をつけるのも何だと思うけどね」
【毛利】「ケツは全て自分が拭きますんで」
【土井】「子の不始末は親の不始末」

引用:修羅の世界

 

まとめ

1、2は「前編」「後編」なので、まとめてみないと!!
組長の実子の教育! 時代は流れと昔からの掟。

考えの合わない組内部は、ごったごた。

 

人を育てるということは、とても難しい。

 

 

 

 

いつも、ありがとうございます!
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼コメント