任侠作品CONFLICT~最大の抗争~

『CONFLICT ~最大の抗争~ 外伝 織田征仁 第二章』一緒に行こうぜ…昔みてぇによ

CONFLICT 外伝織田征仁第二章 CONFLICT~最大の抗争~
任侠作品『CONFLICT~最大の抗争~ 外伝 織田征仁 第二章』の「あらすじ、キャスト・スタッフ、登場人物、相関図、個人の感想」を記載しています。

スポンサーリンク

概要

あらすじ

狂犬・織田征仁(的場浩司)が鷲尾一馬(小沢仁志)に出会い、天道会の傘下に入るまでの物語。

天道会は若頭の近藤(片桐竜次)が引退する旨を告げ、征仁の兄・織田慶次(宅麻伸)と鷲尾のどちらかが次期天道会の若頭に選ばれることとなる。
その最中、征仁率いる「織田同志会」が横浜で尽誠会と衝突してしまい、慶次は天道会として揉め事を鎮めるため、織田兄弟は久しぶりに再会することとなった。慶次は征仁を天道会へと誘うが、「ヤクザには興味ない」と断わられてしまうのであった。
尽誠会との対立や、天道会の勧誘を問答無用でことごとく蹴散らしていた織田同志会は、次第に窮地に立たされることとなる・・・。いよいよ織田同志会と天道会の全面抗争か・・・?しかしその裏には、横浜の利権を狙う三東会と、さらには天道会内部で広がる不穏な動きがあった…。
果たして、横浜の利権は誰の手に?天道会の次期若頭は?そして、再会した兄弟の結末は―!?
この物語により、織田征仁と兄弟の過去が、ついに明らかとなるのである―。

(引用:youtube

キャスト・スタッフ

的場浩司

宅麻伸(友情出演)
萩野崇 SHU 青木玄徳 冨永竜 品川拓哉
永倉大輔  古井榮一 宮本大誠 宮川浩明 島村みやこ 上西雄大 友和
中山こころ 吉田祐健 舘昌美 軍司眞人 森羅万象 河本タダオ 高原知秀 崔哲浩 彩川ひなの 上田弘治 木田佳介 奥村雄二
佐藤藍子  六平直政  渡辺裕之  片桐竜次

小沢仁志

脚本:神木雄司、藤原健一
撮影・照明:今井哲郎
録音:山口勉
美術:大島政幸
衣装:椎名倉平
ヘアメイク:唐澤知子
アクション:坂田龍平(ワイルドスタント)
助監督:内田直之
音楽:與語一平
音響効果:藤本淳
CG:川村翔太、須山珠帆
主題歌 「CONFLICT ~蛍よ永遠に」Rio(作詞・作曲:Rio)

監督・編集:藤原健一
企画:オールイン エンタテインメント
制作協力:ANGLE
製作・発売元:コンセプトフィルム
販売元:オールイン エンタテインメント
(C)2019コンセプトフィルム

(引用:youtube

 

 

ストーリー

教会のさや→神谷組、解散により横浜エリアが織田同志会のものに→天道会の幹部会→近藤ら、別の動き(近藤、柴崎、梅本)→新しいオーナー→駐車場で近藤、三東会と密会→慶次、征仁に「柴崎に詫びと天道会に入れ。金をつめ」と言うも断られる→東仁連合(半グレ)は三東会に頼まれ織田キャバクラ襲撃→店長は重症入院→織田同志会、柴崎へ宣戦布告→田川、柴崎を訪ねる(織田組と織田同志会を潰す罠)→トンネルの中で慶次、征次を止めるも病気で入院→近藤と三東会→征仁、近藤と三東会の思惑を知る→征仁、河島を訪ねる→征仁、兵頭、川島3人でお話→鷲尾、熊田に忠告→鷲尾、慶次のお見舞い→東仁連合、病院襲撃→慶次の元へ事情聴取→征次、慶次の元へ。征仁と2人カタをつけると約束した→が一人で決着つけに行き死亡→織田同志会、最後の仕事→織田組継承

⇒おしまい。

外伝はこの回で終わりますが、
時系列として「『CONFLICT コンフリクト~最大の抗争~第一章 勃発編』」に続きます。

 

登場人物

天道会

近藤組

天道会若頭/組長:近藤正敏

兵頭組

天道会本部長/組長:兵頭護

織田組

天道会筆頭若頭補佐/組長:織田慶次
組員:八木

織田同志会

会長:織田征仁

鷲尾組

天道会若頭補佐/組長:鷲尾一馬
組員:タケヤマ

柴咲組

天道会若頭補佐/組長:柴崎清志

梅本組

天道会若頭補佐/組長:梅本孝也

三東会

会長:熊田治夫(鷲尾と兄弟分

田川組

若頭/組長:田川康彦
組員:サクマ

その他

焼き鳥屋「鳥源」店主:河島源
焼き鳥屋「鳥源」の娘:河島すみれ

四課刑事:シライシ

車いすの女性:さや

 

CONFLICT~最大の抗争~外伝織田征仁第二章_相関図

 

 

ココが好き!

【神棚】:織田同志会事務所

ドンパチ!

東仁連合、織田同志会のキャバクラ襲撃

瓶をバーン!!

蹴る、殴る。バットで殴る!
→キャバクラの店長、重症

東仁連合、病院襲撃

鷲尾と入院中の慶次に

廊下で、殴る。蹴る。金属バット。

病院の廊下であんなに騒いでるのに、他のひとは誰もこないっていう(笑)

慶次、単騎カチコミ。

慶次、近藤・柴崎・梅本、三東会、東仁連合にもとへ一人銃を持って乗り込む。
しかし病み上がりの為、動きが鈍くなる。
その隙を後ろから長刀で刺される。

反撃で、壁に追いやり目を潰そうとするも、近藤に後ろから撃たれ、立ち上がり向かおうとするも正面から2発撃たれる。

そして、【過去の慶次と征仁の回想シーン】

うわああああああん( ;∀;)

織田同志会VS東仁連合

織田同志会、東仁連合の倉庫へカチコミ。

刺して、殴って、蹴って。

征仁さん、3対1でも華麗にいなしてざっくざく!!

さらに蹴散らし、

最後の一人は両腕スパーーーと切り落とし!!!
何度も刺しておしまい。

織田同志会VS三東会

三東会事務所にカチコミ。

征仁「おまえら地獄って知ってるか? 本当の地獄を俺が教えてやるよ」

発砲、発砲。からの乱闘。

VS田川

田川「近藤にそそのかされただけなんだよ」

で首をスパーッ!!

VS熊田

田川が殺されるのを横で見ていた熊田は、あわあわ慌てて逃げようとし
「三東会のシマを全部やる」と命乞いをするも、
聞かずにおでこに刀を刺され、一気に引き抜き、脳のみそ的なものが床に飛び散る。

梅本の処遇

八木とタケヤマで、梅本を拉致。

ボコボコに殴って制裁。

八木「タケヤマさん、こいつ殺そう」
タケヤマ「八木さん、気持ちは分かる。全部喋ってからだ」
梅本「なあ、タケヤマ。頼むから殺さないでくれ、子供が産まれたばかりなんだよ」
タケヤマ「じゃあ全部、本部長の前で話せ。それから即刻引退しろよ。分かったか!!!」

地下駐車場で

征仁が、近藤に何度も発砲し殺害。

ここで、子どもの頃の、おとなになってからの兄・慶次との回想が入る。

 

兄弟愛

柴崎に詫びを入れろ…

前回の事で、

慶次「とにかく柴崎に詫びいれろ……で、金を積め」
征仁「ふざけたこと言うんじゃねぇよ。あの野郎が先に、操ってきたんだ」
慶次「わかってる……」
征仁「なんで! 俺が詫びいれなきゃなんねぇんだ」
慶次「相手が天道会だからだ!! お前らは所詮、愚連隊だ。いつかは組織につぶされる」

柴崎に詫びを入れて、天道会に入れという。
しかし、再度断る。

慶次「織田同志会が、天道会に歯向かうなら、織田組が相手だ」

→この時点だと「もしかしたら兄弟対決あるのかな?」という期待もある。

柴咲への報復を止める

トンネルの中で

慶次「早まるな。今行けばどうなるかわかってるだろ?」
征仁「成り行き次第じゃ天道会と戦争だな」
慶次「天道会には俺がいるんだぞ」
征仁「ああ、そうだな。だが、喧嘩売られて黙ってられるか!!!」
慶次「この……馬鹿が」
征仁「あんたの弟だ」

慶次は、征仁に銃口を向け

慶次「もう一度だけ言う。天道会に入れ」
征仁「しつけえんだよ……昔からよ」

征仁も、慶次に銃口を向ける。
慶次は病気により倒れ、そのまま病院へ。

慶次さんと鷲尾さん

慶次「あいつはよ。前を見ることしかしねぇ男でよ。俺ら兄弟は施設で育った。だぁれも守ってくれねぇ、与えてくれねぇ、欲しいものは、必要なものは、戦って奪わなきゃ生きてこれなかった。だから、俺ら兄弟はずぅっと戦ってきた」

慶次さん、鷲尾さんに征仁のことを頼む。

鷲尾「近藤が汚い絵描いてるの、兄貴だってわかってんだろ。だったら、その命尽きるまで、カシラを務めて きっちりまとめあげてくれよ」
「命をかけて、兄貴を支えるからよ」
慶次「やっぱ、おめぇには敵わねぇな」

なんか、もう、泣きそうになる( ;∀;)

決戦前、病院の屋上で

征仁「アニキ、一緒に行こうぜ……昔みてぇによ」
慶次「分かった…一緒にな」

→このシーン見た時「あ、これ絶対一人で行く…」と思ってもう涙が( ;∀;)

ゴミ捨て場に

慶次死亡後、ゴミ捨て場に捨てらている。(つらい)

征仁さんが亡骸を見た時の表情に、涙がまたきてしまう。

焼き鳥屋で

兵藤「おまえ天道会にくるつもりないか?」
征仁「織田同志会のシマ目当てか」
兵藤「おまえを呼んでんだよ。織田同志会はそのまんま誰かに譲ってやればいい。織田組入って慶次を支えるってのはどうだ?」

ここでも断ります。

 

河島さんと慶次さんの関係

兵藤さんが解説してくれます。

兵藤「あの人は、慶次が一番慕った天道会のおにげんだ。恐ろしい武闘派だったんだよ」

 

鷲尾さんの忠告

鷲尾「熊田……おまえ天道会なめてんだろ」
熊田「何の話だ?」
鷲尾「裏は取れてんだよ」
熊田「だったらどうすんだよ、きょうだいっ!」
鷲尾「兄弟だと思ってたがな、いいか、これは忠告だ」

鷲尾、盃を机に置き、バン!!と割る。

 

戦いの前、織田同志会事務所で

征仁「三東会……アニキが動けるようになったら潰しちまうぞ」
「それが俺の、織田同志会会長としての最後の仕事だ」

一同ざわざわ。

「俺は……俺にとってここは家なんです。家無くなったら、俺どこに帰ればいいんですか!」
リュウ「俺も同じです!」
晋作「副会長、なんか聞いてるんですか?」
小野田
「あの人が言ってんだ。言葉通りだろう。これが最後の仕事だ。おまえら離れ離れになっても家族は家族だ」
「いいか!会長最後の花道だ……死ぬ気でやれええええええ」
一同「うおおおおおおおおおおおし!!」

うおおおおおおおお(/・ω・)/

 

破門状

破門状

天道会若頭 近藤組組長 近藤正敏 六十

天道会若頭補佐 柴咲組組長 柴咲清志 四十二

破門された二人。

兵藤「指……つめてから行けよ、近藤よ」
近藤「指より首獲りに来い」

柴崎なのか?柴咲なのか?

(2022年5月28日に見直してはじめて気づきました!)

最初の名前紹介の時に「柴崎」と書いてあるので、ずっと柴崎さんだと思っていた(失礼)けど、事務所は「柴咲組」、破門状も「柴咲」と記されています。

作中の小物が「柴咲」なので柴咲が正しいのかな?_?

 

ここで、CONFLICT~最大の抗争~につながる

柴咲、破門になり東仁連合つながりのサクマを頼る。

条件として、「服役中の天道会若頭補佐 明神を紹介する」こと。

この後の柴崎さんの活躍は
『CONFLICT コンフリクト~最大の抗争~第一章 勃発編』」を見てください~~!

 

 

織田同志会:継承のお手紙シーン

「織田同志会を小野田勝利に継承する。織田同志会は俺の家だ。そこにいるみんなは家族だ。家がある以上、俺はいつでも帰ってくる。織田同志会長 織田征仁」

ううううっ……( ;∀;)

 

そして、天道会へ

征仁「アニキの事、ありがとうございました」
鷲尾「結局、何の力にもなれなかった」
征仁「自分を天道会にいれてもらえますか」
鷲尾「……一度足を踏み入れたら死ぬまで極道だぞ。その覚悟はあんのか?」

そして、鷲尾は征仁に手紙を渡す。
内容は、織田組を慶次から征仁への継承するもの。

挿入歌:rio「さらば」

たまには心揺さぶられるけど
どうしても捨てきれない
最後の荷物を振り切って俺はゆくよ

歌詞と状況が一致しすぎて最高。

 

主題歌・挿入歌

『ホタル』/ Rio

「ホタル」
作詞:rio
作曲:rio

 

『さらば』/ Rio

さらば
作詞:Rio
作曲:Rio

 

好きなセリフ!

【近藤】「捨て駒か、良い言葉だ。所詮やくざは利用し合うものだ、そうだろ?」
【慶次】「おまえらは所詮愚連隊だ、いつかは組織に潰される」
【征仁】「今から行ってやるからよ、代紋磨いて待っとけや」
【慶次】「おれら兄弟は施設で育った、誰も守ってくれねぇ、与えてくれねぇ、欲しい物は必要な物は戦って奪わなきゃ生きてこれなかった」
【征仁】「おまえら、地獄って知ってる?本当の地獄を俺が教えてやるよ」
【兵頭】「指…つめてからいけよ」
【鷲尾】「一度足を踏み入れたら死ぬまで極道だぞ、その覚悟はあんのか」

まとめ

外伝と外伝第二章をセットで見るやつ!

「俺は近藤のカシラにそそのかされただけなんだよ~~」ってみんな言う(笑)

とにかく織田兄弟の絆を堪能する話。泣いてしまう。
ヒートアクション連発!!血しぶきプシャアアアなアクション!
征次さん以外の会員の皆様もめちゃくちゃ強い。運転しながらのヘッドショットがすごい!すごく楽しい!

 

 


 

 

 

 

 

組員サブロー

任侠作品が好き。
前任者から引き継ぎ「作品の良さ、知識など」を伝えるべく更新中。

スポンサーリンク
スポンサーリンク