任侠作品CONFLICT~最大の抗争~

『CONFLICT 〜最大の抗争〜 外伝 織田征仁』ずっと二人で生きてきたからな

CONFLICT 外伝織田征仁 CONFLICT~最大の抗争~
任侠作品『CONFLICT -最大の抗争- 外伝 織田征仁』の「あらすじ、キャスト・スタッフ、登場人物、相関図、個人の感想」を記載しています。
【予告編】『CONFLICT 〜最大の抗争〜 外伝 織田征仁』主演:的場浩司 俳優生活30周年記念作品
スポンサーリンク

概要

あらすじ

2011年…関東を制圧している天道会。昔気質の任侠道を貫く天道会に対し、若いハングレをうまく使い新興勢力として頭角を現してきた三東会。天道会は、三東会の根をどのように絶つか思案していた。そして横浜では、尽誠会が地元ヤクザと手を組み利権を狙っている…。
その横浜には、天道会若頭補佐・織田慶次(宅麻伸)の弟で、「織田同志会」という愚連隊組織を結成する織田征仁がいる。征仁は横浜で、シマ内を荒らす連中は例えヤクザであっても問答無用に半殺しにし、地元の縄張りを守ってきた。その最中、織田同志会は、尽誠会とも衝突してしまう。
天道会は抗争寸前の状態に際し、若頭の近藤(片桐竜次)が引退する旨を告げた。跡目には、慶次と鷲尾の名前が挙がる。
「横浜の織田同志会と尽誠会の揉め事を鎮めろ」。近藤は慶次にそう告げ、織田慶次と征仁の兄弟は久しぶりの再会を果たすこととなる―。

(引用:youtube

キャスト・スタッフ

的場浩司

宅麻伸(友情出演)

萩野崇 SHU 青木玄徳 冨永竜 品川拓哉
永倉大輔  古井榮一 宮本大誠 宮川浩明
島村みやこ 上西雄大 友和
中山こころ 吉田祐健 舘昌美
軍司眞人 森羅万象 河本タダオ
高原知秀 崔哲浩 彩川ひなの
上田弘治 木田佳介 奥村雄二

佐藤藍子  六平直政  渡辺裕之  片桐竜次

小沢仁志

プロデューサー:一力健鬼、角田陸
脚本:神木雄司、藤原健一
撮影・照明:今井哲郎
録音:山口勉
美術:大島政幸
衣装:椎名倉平/ヘアメイク:唐澤知子
アクション:坂田龍平(ワイルドスタント)
助監督:内田直之
音楽:與語一平
音響効果:藤本淳
CG:川村翔太、須山珠帆
主題歌 「CONFLICT ~蛍よ永遠に」Rio(作詞・作曲:Rio)
監督・編集:藤原健一
企画:オールイン エンタテインメント
制作協力:ANGLE
製作・発売元:コンセプトフィルム

販売元:オールイン エンタテインメント
(C)2019コンセプトフィルム

(引用:youtube

 

 

ストーリー

【時は2011年】河島引退→織田同志会、登場からの粛清。→天道会幹部会、織田同志会の動向と、若頭引退で次期若頭を決める流れに→神谷組の悪行→同志会VS神谷組→神谷、澤田に相談→政仁、神谷へ宣戦布告→教会で、征仁とさや→天道会幹部会→柴崎さん来店①→澤田と慶次の話→【織田兄弟の回想】→天道会裏での動き有り(近藤、柴崎、梅本と三東会)→横浜で、征仁と慶次→柴崎さん来店②→教会のさや→織田同志会、神谷組事務所カチコミ→天道会は織田同志会をどうするの?問題

⇒外伝2へ続く

 

登場人物

天道会

近藤組

天道会若頭/組長:近藤正敏

兵頭組

天道会本部長/組長:兵頭護

織田組

天道会筆頭若頭補佐/組長:織田慶次

織田同志会

会長:織田征仁

鷲尾組

天道会若頭補佐/組長:鷲尾一馬

柴崎組

天道会若頭補佐/組長:柴崎清志
組員:松浦

梅本組

天道会若頭補佐/組長:梅本孝也

尽誠会

会長:澤田庄吉
組員:ヒラツカ

尽誠会系神谷組

組長:神谷昴
若頭:清水章治

三東会

会長:熊田治夫

田川組

若頭/組長:田川康彦

その他

元天道会最高顧問/河島組長:河島源
河島の娘:河島すみれ

車いすの女性:さや

 

CONFLICT~最大の抗争~外伝織田征仁_相関図

 

 

 

ココが好き!

【神棚】:織田同志会事務所

ドンパチ!

オープニング前

ひたすら蹴っ飛ばされる人。

椅子に座らされ、ラップで足と胴体を巻き巻きにされて、ガスバーナーで燃えさかる人。

福島のお仕事紹介後…

頭皮部分から、引きちぎる!(いたい)

征仁「俺はな、神谷みてぇなクソヤクザが一番嫌いなんだよ」

織田同志会VS神谷組清水ら

木村建設の敷地内。

乱闘シーン!!
~~からの征仁、清水の口にドス突っ込んで、

征仁
「神谷組はつぶすことにしたから」
「神谷にそう伝えておけ」

スパーーーッ!!(いたい)

織田同志会VS神谷組

神谷組事務所にて。
発砲して侵入、そして乱闘。

征仁、神谷の喉元に長刀を当てて……

神谷「許してくれよ」
征仁「神谷組のシマ、おまえの店ともども織田同志会に寄越せ。なら許してやる」
神谷「ちょちょちょちょちょ、そりゃあ、そりゃあ無茶だろおぉ」
征仁「何が無茶だろ?!!」

征仁、神谷を蹴っ飛ばし

征仁「織田同志会に喧嘩売りやがってよお!てめぇの脳みそ食わしてやろうか……ああ?!神谷ッ!!!」

そして、神谷の足を刺し、ぐりぐり踏みつける。

 

福島へお仕事

日当一万。
ひと月25万のうち、前金の10万円支払い(本当は一人3万円)。

怒鳴り散らされてしぶしぶ書面にサインさせようとする。

織田同志会、街宣車で

「尽誠会弾圧」の旗を掲げ、スピーチ。
横浜の再開発、東北原発作業員経由で資金集め。

小野田「東北の利権を騙し取っている尽誠会こそが真の悪かもしれません!」

 

柴崎・松浦、来店

1回目:穏便にお話!
2回目:冷やかし

柴崎「天道会がわざわざ出向いてきてんだよ、立場わきまえろよ」

からの~征仁登場。

征仁、松浦の頭に瓶を叩きつけ、繰り返し蹴っ飛ばし。そして、お口の中にガラス詰める。

征仁
「天道会が何の用だ?!あああ?!」
「おまえ、俺のこと馬鹿にしてんのか?」
柴崎「おい、分かってんのか?!なにやってんのかよ」

殴る。殴る。殴る。

征仁「織田同志会は、天道会の傘下じゃねぇんだよ!」

征仁、柴崎に向かって

征仁「天道会だってうちのシマ内荒らしると潰しちまうぞ!」
柴崎「本部にそう伝えていいのか?兄貴も困るんじゃねぇのか!?」
征仁「俺は織田同志会の織田征仁」

そして、松浦の目をえぐり取る。
(なかなか刺激的なシーンなので、心臓の弱い方は注意)

 

梅本・神谷・松浦

『織田同志会 織田征仁』にも出てきます!

梅本・神谷・松浦の3名は、外伝と「織田同志会 織田征仁」では全然違うのでチェックですよ!(╹◡╹)
今回はヤクザなのでイケイケどんどん♪

 

 

スポンサーリンク

織田兄弟

回想

織田兄弟の絆をしみじみ噛みしめておくと、第2章が更に楽しく見れます!

慶次(過去)「征仁、絶対おれが守ってやるからな」

兄の事を誇らしく見ている弟など回想シーンもすごくいい!

横浜で

征仁「天道会の次期若頭(カシラ)か……」
慶次「なんで知ってる?」
征仁「柴崎ってのが来たよ」
慶次「なに?」
征仁「また来るってよ。次来たらやっちまうかもしんねぇから、もう寄越さないでくれ」

あばばば( ゚Д゚)

高木「あの……オーナーのお兄さんですか?」
征仁「なんでわかる?」
高木「だって似てらっしゃいますよ、雰囲気が」
慶次「ずっと二人で生きてきたからな」

ほっこり(´▽`)

慶次「征仁……天道会にこねぇか」
征仁「興味ねぇな、ヤクザには」
慶次「いつまで愚連隊してるつもりだ!」
征仁「どうした、なんかあんのか」
慶次「とにかく、天道会には俺が信じた道がある。おまえにも見えるはずだ。一度でいい……考えてみろ」

ぶわわわ( ;∀;)

回想その2

少年期。孤児院内で喧嘩。

征仁、ハサミで顔を傷つけられる。(今も残る傷)

慶次「絶対俺がまもってやるからな」

~~~からの、慶次は相手をボコボコにする。
それを見守る征仁。

思い出のコマ……

幼少期に遊んでいたコマが、いまだに織田同志会の事務所にあるのが良いです(‘ω’)

そして、引き出しの中へ。

 

挿入歌

『さらば』/ Rio

さらば
作詞:Rio
作曲:Rio

 

 

好きなセリフ!

【河島】「人間…一番大事なのは血の繋がった家族だよ、そんな風に思えちまったらヤクザなんかやれねぇよな」
【鷲尾】「どうするも何も、喧嘩を売ってきたら買うまでですよ」
【征仁】「下向いて生きるくれぇなら、上向いて死んでやるわ」
【征仁】「次来たらやっちまうかもしんねぇから、もうよこさねぇでくれ」
【慶次】「ずっと二人で生きてきたからな」

まとめ

外伝と外伝第二章をセットで見るやつ!

第二章に続く流れなので、割とまったりな進み。
開始10分で殴る蹴るシーンが入ってきて魅入ります。
「うわあああ痛いいいい!!」というシーン満載なので、残酷なのを見慣れてない人にはオススメしにくさもある。
それを差し引いても、織田兄弟の絆が良いのです。

神谷さん、「織田同志会 織田征仁」との差をみると楽しい。

 

 

 


 

 

 

組員サブロー

任侠作品が好きなとある組員。
前任者から引き継ぎ「作品の良さ、知識など」を伝えるべく更新中。

スポンサーリンク
スポンサーリンク