任侠作品極道の紋章

『極道の紋章 外伝』筋を通して生きるよりも、筋を通して死んだほうがマシや

極道の紋章外伝極道の紋章
任侠作品『極道の紋章 外伝』の「あらすじ、キャスト・スタッフ、登場人物、相関図、個人の感想」を記載しています。
任侠映画『極道の紋章 外伝』予告 白竜 オールインエンタテインメント

2017年08月12日に同人誌を作りまして、その内容を加筆修正したweb再録となります。
以前、本をお手にとって下さった方々ありがとうございました!

極道の紋章_同人誌表紙

概要

あらすじ

川谷組が関東を統一する前、神戸の沖田連合を筆頭に各組織が関東制覇を虎視眈々と狙っていた。勢力争いは関西に限らず、四国、愛知と全国で行われていた。いわば戦国時代さながらの様相を呈していた。そんな中、川谷組若頭・津浪組々長、津浪(白竜)は、「強引な盃を交わしても強固な組織は作れん。不満は内部分裂を生む・・・」と不動に徹していたのだが・・・。
白竜、松田一三による大人気シリーズ、待望のアナザーエピソードが語られる・・・!

(引用:youtube

キャスト・スタッフ

出演:
白竜 / 松田一三 / 宮村優 / 水元秀二郎 / 舘昌美 / 巽一晃 / 清水宏花 / 澤豊孝 / オンリー吉川 / 松山美雪 / 冨田じゅん / 諏訪太朗 / 加納竜 / 川地民夫

(引用:youtube

ストーリー

【番外編:津浪さん】沖田連合とまだ対立している時代。津浪さんの兄弟分である八神に戦争の加勢を頼まれるが「筋が通らんことはできん」と断る→(数の勝る陵誠会(沖田連合)に付こうとしたが、筋のある大松一家(不利)に付くことに…※これは津浪と会って考えを変えた事)→が、八神死亡→(陵誠会の立花が犯ったと推測、立花を拘束して問うが犯人は別)→犯人は大松一家部下(裏切り者)だった→立花は陵誠会から分裂し、2代目八神組は大松一家と協力し、陵誠会と戦い追い込まれ、沖田連合は広島から撤退。

⇒おしまい。

 

 

登場人物

川谷組

組長:川谷才蔵
杉岡組:杉岡栄

津波組

若頭/組長:津波祐史
若頭:前崎徹雄

八神組

組長:八神
若頭:アイハラ

大松一家

組長:国枝
?:ナガイ

陵誠会

会長:モチヅキ
?:立花

沖田連合

極道の紋章外伝_相関図

 

 

スポンサーリンク

ココが好き!

雰囲気

舞台は大阪・広島。
八神さんは広島弁。広島抗争のごたごた。

演出

主に内政。ゆったりとした流れ。
立花の妻の拘束シーンはエロ意識のカメラアングル。

アクション

ほぼ無し。殴り蹴り合い。ドスで殺傷。刺殺。射殺。

竹林

津浪組の事務所に、関西侠友会の机の横にあった竹林の絵が飾ってある。
(他の作品でもよくお見かけします)

立花家

エロ意識?でむっちり縛られている。

津浪と八神

互いが互いの考えから学んでいる。

津浪「筋を通して生きるよりも、筋を通して死んだほうがマシや」

は本編(特に後半)からは想像つかない発言。

三本の矢の話(毛利元就)

「小さなトコでも結束すれば、大きなトコと戦える」津浪がアイハラに
「戦争に勝つためには武力や知力だけではなく、部下に慕われる人格があった」

と話してくれるシーン好き。

決着

津浪がナガイらを撃つ前のシーンで、津浪の語りから哀しみが感じられて好き。

将棋の話

川谷「将棋のように互角の駒で戦えば、いかに先に動くかで勝負は決まる。多勢に無勢じゃあ、結果は見えている」

星の話★

【いっかくじゅう座(一角獣座)】…
オリオン座のペテルギウスと、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンが作る「冬の大三角形」の中にすっぽり収まっている星座。
●時期:12月~5月の約6ヶ月間
●見頃:冬(20時正中は3月上旬)

津浪「見える敵には筋は通せるが、見えない敵には筋は通せない」

陵誠会(沖田連合)VS初代八神組には協力をしなかったが、2代目八神組には協力
(ココが見えない相手と見える相手の違い)。

極道の紋章外伝_一角獣

 好きなセリフ!

 【八神】「そんな古臭い事を言うとったら、殺られるだけじゃあ。殺るか殺られるか!ワシはのう、広島を治めて平和にしたいんじゃあ」
【津浪】「筋が通らん事はでけん」
【八神】「筋金入りの極道じゃあ、兄弟は」
【川谷】「兄弟がとられたからといって、感情的になったらあかん」
【津浪】「筋を通して生きるよりも、筋を通して死んだほうがマシや」
【津浪】「事を成し遂げられなかった、無念さだけが伝わってきた」
【津浪】「推測だけで動くな、八神は裏切りにあう程そんな馬鹿じゃない」
【アイハラ】「死ぬ覚悟でいけば、誰が居ようと関係ないんじゃ」
【徹雄】「同感や、何事にも死ぬ覚悟が必要や」

引用:極道の紋章 外伝

ざっくりしすぎた4コマ!

極道の紋章 外伝_4コマ

 

 

スポンサーリンク

こんな人たちも素敵だよ

八神
(※口頭説明のみ)

八神組組長。
広島の平和を望む津浪の兄弟分。勝ち目のある戦争をしようとしていたが、筋を重んじる津浪の言葉を聞き、不利な大松一家に加勢することを決意。しかし、志なかばで刺され死亡。筋目を重んじていた津浪の考えを大きく変えた人である。
(※柳田に似ているが、柳田ではない。気にしてはいけない)

まとめ

本編を見てから見るべき。

この広島の抗争により、筋目を重視だった津浪さんが、先手で冷徹な行動になる始まりの話。
まったりした流れの印象だが、津浪さんメインなので粛々とした雰囲気が出ていて良い。
八神さんは津浪さんから「筋を通すこと」、
津浪さんは八神さんから「毛利元就の戦略」を兄弟分同士教わり合うところ良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも、ありがとうございます!
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
任侠かもしれない