任侠作品極道の紋章レジェンド

『極道の紋章 レジェンド 第二章』わしらの命は、自分のものだけやない

極道の紋章レジェンド 第二章 極道の紋章レジェンド
任侠作品『極道の紋章 レジェンド 第二章』の「あらすじ、キャスト・スタッフ、登場人物、相関図、個人の感想」を記載しています。

スポンサーリンク

概要

あらすじ

京阪連合は九州の誠真会と縁組をし、九州進出への第一歩を踏み出した。 津浪祐史(白竜)は九州の緒形組組長が何者かの銃撃された事を受け、病院に駆け付けたが緒形(古井榮一)は意識が戻らない状況だった。 息子の浩一郎(水元秀二郎)は単身、京阪連合の本部を襲撃しようとするが津浪と前崎徹雄(松田一三)に止められる。 復讐に燃える浩一郎だったが、津浪はこの一件が京阪連合ではないと睨んでいた。

(引用:youtube

キャスト・スタッフ

【CAST】
白竜
松田一三
國本鍾建
水元秀二郎
大山大介
時任盛二郎
中澤達也
中川翔太
飛野悟志
五十嵐剛
本田広登
石原直哉
武田幸三
古井榮一
工藤俊作
下元史朗
山口仁

監督・脚本:片岡修二
製作・発売元:SJ
(C)2021 SJ

(引用:youtube

 

 

ストーリー

『極道の紋章レジェンド』前回のあらすじ→(福岡の話)→京阪連合は誠真会に盃をもちかける→緒方組は京阪連合を牽制→緒方組長、襲撃を受け病院へ→(オープニング)→京阪連合、誠真会盃をかわし九州への進出→芝村、津浪→関西侠友会もざわざわ→緒方若頭、京阪連合へカチコミするも、それを止める前崎、津波→それを目撃した本郷は神代に報告→【元療養所】津浪、前崎、緒方浩一郎、中井→梶山と神代の電話→梶山、ヒットマンに津浪暗殺の依頼→【大阪】川谷組に嶺井から電話→前崎、緒方浩一郎(過去の前崎の返しの話)→本郷、津浪を尾行→芝村、嶺井と新井(前回の井口殺害されたの件)→本郷、潜伏先の件を神代に報告→【川谷組】津浪、芝村、前崎→【京阪連合】梶山、ヒットマンが訪ねる→【潜伏先】襲撃からのドンパチ→本郷、知ってることを話し見逃してもらう→【京阪連合】神代、梶山の揉め→【横浜】津浪、情報収集(梶山が動いていたと分かる)→【京阪連合】神代、密航船の手配で、身元を交わす(軽快な音楽♪)→【倉庫】津浪らvs神代ら→【川谷組】西条(大阪府警)が訪ねる→\星の話/→関西侠友会がざわざわ→【福岡】緒方、意識回復→浩一郎は、緒方組二代目を襲名→緒方組、誠真会と話し合いするが決裂→【東京】梶山、飯田、岸谷→【福岡】梶山、三河と盃(利害一致)→津浪、前崎に関西をまとめるように……

 

⇒第三章へ続く。

 

 

登場人物

・津浪祐史
-中井拓馬

・前崎徹雄

四代目川谷組

組長:芝村幸吉
若頭:新垣隼人

関西侠友会

会長:嶺井勝治

新井組

若頭/組長:新井圭吾

楠木組

幹部/組長:楠木重信

京阪連合

会長:神代(くましろ)竜次

沖田連合

会長:本郷房雄

誠真会(福岡

(鉄工所が母体の新興勢力/元福岡睦会)

会長:三河和彦→(梶山と盃交わし、弘和会傘下に)

福岡睦会

緒方組(福岡

組長:緒方康弘(津浪と兄弟分)
若頭(実子):緒方浩一郎→二代目襲名

弘和会(東京

梶山組

若頭補佐/組長:梶山惇平

飯田組

幹部/組長:飯田彰彦

岸谷組

幹部/組長:岸谷満男

その他

ヒットマン:サメジマ?

 

極道の紋章レジェンド第二章_相関図

 

 

ココが好き!

【神棚】:??事務所
【本郷の車のナンバー】:神戸380 ぬ21-25
【津浪の車のナンバー】:なにわ353 と31-09
【梶山の車のナンバー】:品川301 た92-72

 

ドンパチ!

ヒットマン→緒方組長

(料亭から車に乗り込む前に)
緒方康弘、ヒットマンからの襲撃を受ける。

【緒方組長……負傷/集中治療室に】

本郷ら(沖田連合)、ヒットマン→津浪、前崎、浩一郎

本郷ら(沖田連合)、ヒットマン(サメシマ)。
建物を包囲して、潜伏先へ襲撃をかける。

津浪発砲。沖田連合の人を一人。
前崎も発砲。

津浪→本郷
本郷も撃ち返すも、本郷は負傷。
浩一郎、中井も発砲して数を減らしていく。

前崎にも撃たれた本郷に……

津浪「奴(ヒットマン)を雇ったのは誰だ?」
本郷「…………」
津浪「言えば命だけは助けてやる。弘和会か?」

答えない本郷に対し、前崎は銃口を向ける。

京阪連合の立ち上げに、弘和会の後押しがあったかを尋ねるが「知らない」と。知っていることは全て話した。
本郷は、京阪連合の事務所前に送り届けられる。

【本郷……生還】

津浪・前崎vs神代ら

密航船で、身元を隠そうとする神代。

倉庫では、前崎、津浪が待ち構えており、撃ち合いに。
神代、肩を負傷し撃ち返そうとするも、前崎からヘッドショットを食らい死亡。

【神代……死亡】

 

念書

念書

私、誠真会の三河和彦は福岡睦会の一員として他県の如何なる組織、団体にも加盟しないことをこの念書をもって誓約いたします。

以上

令和二年九月

三河和彦(指印)

 

緒方さん!

(京阪連合・神代に対して)
組長が撃たれた返しをに行こうとするが…

浩一郎「京阪連合は、親父との約束を反故にしたんですよ!」
~~~(略)~~~
津浪「京阪連合じゃないかもしれんぞ」
浩一郎・前崎「…………」
津浪「九州の進出狙ってるのは、他にもたくさんいるからの」
浩一郎「それはどういうことですか?」
津浪「関東が絵を描いてるかもしれん」
浩一郎「関東?」
前崎「京阪連合のバックに、関東がついてるいうんですか?」
津浪「京阪連合の分裂も、誠真会の件も…あまりにも強引すぎるな」

何かがおかしい???と察する津浪さん。

【過去】前崎徹雄

関西侠友会会長の退陣→命を狙われた後の話を受けて……
前崎は浩一郎に。

前崎「今のおまえとおんなじや」
浩一郎「俺は撃たれたりゃせんですよ!!」
前崎「自分が撃たれるより親が撃たれるほうがつらいかもしれん」
浩一郎「…………」
前崎「けどな、わしらの命は自分だけのものやないんや」

一般社会も同じです。
むざむざ死に急がないでください。

 

【過去】前崎徹雄その2

前崎「頭と数々の修羅場をくぐってきた。時には下手もうったし、……フッ。破門にもなった」
浩一郎「破門て。前崎さんがですか」
前崎「若い時や。……わしはカシラに極道のイロハを叩き込まれた」
浩一郎「そうやったとですか」
前崎「で、わしを頂点に押し上げてくれた。命張って」

なつかしい!!
『極道の紋章』を見ていない人に、「こういう流れがあった人なんですね!」と優しく教えてくださる。

前崎は過去に弘和会と散々もめているので、前崎が行動する大義名分はある。

 

スポンサーリンク

関西侠友会

芝村は、嶺井と新井に
井口殺された件(『極道の紋章 レジェンド』)について

芝村「井口もそやった。あんたらカシラが怖いんやろ? せやからこうやってわしに探り入れにきたちゃうんかい?」

嶺井、新井は、井口殺害が津浪が絡んでいると確信。

新井は、いきり立ち。

京阪連合が壊滅した後……

  • 新井:津浪らは、次は関西侠友会を狙ってくる!
  • 楠木:和解したい

楠木「なんとか、和解する方法はないんでしょうか?」
新井「アホなことぬかすなや!」
楠木「京阪連合の二の舞になっちゃ……」
新井「ワレはぁ!!!!シノギはできるが、戦争は全く使い物にならんのお」

やられる前に、やるらしい!(; ・`д・´)!

楠木さんが、『シノギは(強調)できる人』と分かる描写。

 

スポンサーリンク

京阪連合

また津浪か……

(電話)
神代、梶山に緒方浩一郎が狙いに来た(未遂)を報告。

梶山は「返り撃ちにすればいい」
神代は「津浪が一緒だったから」

津浪と緒方は兄弟分である。

梶山「津浪の動きを監視するんだ。津浪を排除しなけりゃ何事もうまくいかねぇ」

神代→本郷に、津浪の監視するように。

本部(弘和会)に相談してみる

神代「こうなったら戦争や。お、加勢してくれるんやろなぁ。すぐに兵隊送ってくれい」
梶山「本部に相談してみる」
神代「何を悠長なこと言うてんねや。なんかあったら加勢してくれる、言うたやないかい!」
梶山「今! 兵隊送り込んだら、関西侠友会が黙ってねぇだろ」
神代「関西侠友会がなんぼのもんじゃい」

二人の間に亀裂が……!!

神代が死亡したことにより、京阪連合は壊滅状態に。
(弘和会の関西進出がついえたように思えたが……??)

 

★星の話!

星の位置はズレてる

【津浪→浩一郎】:事務所屋上

  • 星の位置は少しずつズレている。
  • 人間も同じ、気づかぬうちに関係がズレている。

津浪「星座の形は変わらんと思っとるやろ」
浩一郎「はあ…」
津浪「まあ、人間の一生ぐらいだったら変わりはしないがな。宇宙のはるかな歴史の中では、少しずつ位置はズレてる。人間も同じや。気づかぬうちに関係がズレてる」
浩一郎「……修復できんちゅうことですか」
津浪「いや、人間には意思というモノがある」
浩一郎「…………」
津浪「どんな変化も己の意志で、覆すことができる」

気づかぬうちに関係が変わったそれは、
まるで京阪連合の神代と、弘和会の梶山の関係のようだ。

さらに、どんな変化も「己の意志で、覆すことができる」というのが、梶山の行動を示しているのか??

 

 

 

好きなセリフ!

【新井】「会長! 白黒はっきりつける時やと思います」
【緒方浩一郎】「京阪連合は親父との約束を反故にしたんですよ!」
【梶山】「これは戦争だからな」
【前崎】「わしらの命は、自分のものだけやない」
【津浪】「わしらは、二つの組織を相手にしとるんや。関東も絡んどるかもしれん。一つ一つ握りつぶしていくんや」
【津浪】「俺たちの命狙ったんや、覚悟しとけ」
【新井】「ワレはぁ!!!!シノギはできるが、戦争は全く使い物にならんのお」

 

 

まとめ

【福岡】緒方組vs京阪連合の回!
侵攻してくる京阪連合(沖田連合)を迎え撃つ緒方浩一郎、前崎、津浪ら。
京阪連合を裏で操っていたのは、弘和会であった!!

弘和会は、へたうった京阪連合から次は、福岡誠真会と盃を交わし…のフェーズへ。
関西侠友会も、動き始めます。

 

 

 

 


 

 

組員サブロー

任侠作品が好きなとある組員。
前任者から引き継ぎ「作品の良さ、知識など」を伝えるべく更新中。

スポンサーリンク
スポンサーリンク