龍が如くゲーム

『龍が如く7 外伝 名を消した男』声優、キャストのまとめ

龍が如く7外伝_声優キャスト一覧龍が如く
ゲーム『龍が如く7 外伝 名を消した男』に出演している声優・キャスト一覧を記載しています。

商品情報

『龍が如く7外伝 名を消した男 』ファーストトレーラー
商品名龍が如く7外伝 名を消した男
ジャンルアクションアドベンチャー
発売日2023年11月9日(木)
価格5,940円(税込)
発売・販売元セガ
CERO審査予定
対応機種PlayStation®5
PlayStation®4
Xbox Series X|S
Xbox One
Windows
Steam

 

声優・キャスト

桐生一馬

龍が如く7外伝_桐生一馬

過去も名前も消し、闇に潜んだ伝説の元極道
名前桐生一馬
(きりゅう かずま)
キャスト(CV)黒田崇矢

大道寺と取引し、自分の過去の一切を捨てた伝説の元極道。
堂島の龍と呼ばれ、元東城会四代目会長であったことも、沖縄の児童養護施設アサガオを経営していたことも、全ては闇に葬られ、誰に対しても語る口を持たない。
最愛のアサガオの子供たちとの関係を永久に断たれ、失意に浸りながら、時折大道寺から寄越される任務をただこなすだけの余生を送っている。

 

獅子堂康生

龍が如く7外伝_獅子堂康生

渡瀬組の切り札
名前獅子堂康生
(ししどう こうせい)
キャスト(CV)本宮泰風

八代目近江連合の跡目・渡瀬勝率いる渡瀬組は最強の武闘派集団。
その若頭補佐である獅子堂は剛腕に物を言わせ、相手の生死に頓着せず凶器を振るう。
恐怖で周囲を圧倒し、人を従わせることにひたすら長けている。

 

『龍が如く7外伝 名を消した男』本宮泰風(獅子堂康生 役)インタビュー映像

 

鶴野裕樹

龍が如く7外伝_鶴野裕樹

渡瀬に忠誠を誓う極道
名前鶴野裕樹
(つるの ゆうき)
キャスト(CV)山口祥行

渡瀬組ナンバーツーである若頭の鶴野は、その忠誠心だけでなく、執拗な粘り強さと緻密な計画性、大胆な実行力で組長不在の渡瀬組を支えている。
鶴野が二重三重に張り巡らせた罠は、確実に桐生への包囲網を狭めていく。

 

『龍が如く7外伝』山口祥行(鶴野裕樹 役)インタビュー映像

 

赤目

龍が如く7外伝_赤目

蒼天堀の裏も表も知り尽くす影の顔役
名前赤目
(あかめ)
キャスト(CV)ファーストサマーウイカ

大阪は蒼天堀を根城にするなんでも屋の女性。
裏社会にも通じており、街中に隈なく張り巡らされた「赤目ネットワーク」はどんな些細な情報も見逃さない。
特定の人物を「とある場所」に導く、窓口としての役割も持つ。

 

『龍が如く7外伝』ファーストサマーウイカ(赤目 役)インタビュー映像

 

 

三代目 西谷誉

龍が如く7外伝_三代目西谷誉

近江連合直参の武闘派「鬼仁会」の会長
名前三代目 西谷誉
(さんだいめ にしたにほまれ)
キャスト(CV)キム・ジェウク

異例の早さで鬼仁会会長を継いだ若き極道。
妖艶な外見とは裏腹に激しい狂気を秘めており、強者との命のやり取りを何より好むという破壊的な衝動を持つ。
近江連合の幹部としては渡瀬と並び立つ実力者。

 

『龍が如く7外伝 名を消した男』キム・ジェウク(三代目 西谷誉 役)プレイ動画

 

花輪喜平

龍が如く7外伝_花輪喜平

大道寺一派管理者
名前花輪喜平
(はなわ きへい)
キャスト(CV)東地宏樹

大道寺一派の管理者であり、今の桐生一馬にとっては唯一といえる外の世界との接点。
桐生に対してはあくまで管理者として接する態度に徹しており、血の通った交流はない。かつて伝説の極道といわれた桐生に対しても怯むことなく小言を言える。

 

住職

龍が如く7外伝_住職

大道寺住職
名前住職
(じゅうしょく)
キャスト(CV)塾一久

大道寺の住職を務める僧形の男。俗世から身を退き、日がな一日独り碁に興じている。
今の桐生にとっては数少ない話し相手の一人。

 

 

吉村

龍が如く7外伝_吉村

血も涙もない組織の歯車
名前吉村
(よしむら)
キャスト(CV)かぬか光明

荒事を得意とする大道寺一派の管理者。
組織を最優先し、リスクとなる者は容赦なく切り捨てる。
恭順の意を示さない桐生に対し、敵意を隠そうとしない。

 

主任

龍が如く7外伝_主任

影の司令官
名前主任
(しゅにん)
キャスト(CV)中博史

大道寺一派の幹部であるということ以外、一切が謎に包まれている車椅子の老人。
組織内に強い影響力を持ち、大道寺と交わした約束を守り続けるよう桐生に要求する。

 

 

その他

 

キャバ嬢

 

 

 

 

いつも、ありがとうございます!
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
任侠かもしれない

▼コメント