任侠作品織田同志会 織田征仁

『織田同志会 織田征仁 第九章』喧嘩なんざ、いつの時代も頭を獲りゃそれで決まるもの

織田同志会 織田征仁 第九章 織田同志会 織田征仁
任侠作品『織田同志会 織田征仁 第九章』の「あらすじ、キャスト・スタッフ、登場人物、相関図、個人の感想」を記載しています。

スポンサーリンク

概要

あらすじ

任侠団体・織田組を結成した織田は、赤城組との全面抗争のため横浜すべてのヤクザ組織を織田の代紋の下に集結させるべく動く。赤城組若頭の一色は織田に恩を感じた過去があり、手打ちにすべく織田組副会長の小野田に接触、織田を死なせたくない小野田は単独でその工作に加担するが…。

(引用:youtube

 

キャスト・スタッフ

的場浩司、萩野崇、青木玄徳、石橋保、宇崎竜童、ほか
監督:KAZU
発売・販売元:ライツキューブ

©2022ライツキューブ

(引用:youtube

 

 

ストーリー

『織田同志会 織田征仁 第八章』⇒征仁、吐血→前回までのあらすじ→征仁、原田組につけられるも返り討ち→赤城組それぞれ→織田同志会それぞれ→猪瀬の仲介で、征仁は横浜連合会の速水と会う→神原、原田と相場を連れて織田組を訪ねる→征仁、一色と会う→(過去編の征仁と一)→桜井と神谷→織田同志会にて→原田、松浦襲われる→小野田、相場の仲介で一色、古藤と会う→小野田、手打ち案を織田同志会内でも提案→ジュンコちゃん、襲われる→二人組のヤサに行くも空→小野田、単独で赤城組と接触→

 

⇒最終章へ

 

 

登場人物

(織田同志会)→織田同志会 織田組

会長:織田征仁
副会長:小野田勝利
構成員:杉田晋作
構成員:矢島達也
構成員:松浦竜一
構成員:柳慎吾

(川崎烈風隊)→織田同志会川崎烈風隊

隊長:芹沢眞蔵

虎松一家

組長:神原信光

原田組

組長:原田宗政

黄金一家

組長:相場武信

赤城組(群馬県)

会長:西勝

西組

若頭:村井和正

二人組
元金狼会残党:ナラサキ
若い人:??

一色組

組長:一色孝信
組員?:アメミヤ

柴田一家

組員:中野忠雄

古藤組

組長:古藤克也

新野組

組長:新野貴

横浜連合会

総長:速水伸晃

相模会

会長:猪瀬義男

政治結社 三島会

会長:羽生重文

その他

バーの店長:高木香澄
バーの店員:ジュンコ

情報屋:神谷昂
港刑事:桜井栄一

 

織田同志会 織田征仁第九章_相関図

 

 

ココが好き!

【香澄の店】JAZZ FIRST
【二人組のアジト】303号室
【織田同志会の車ナンバー】横浜342 ?10-05

ドンパチ!

征仁vs原田

織田同志会の店(きつね):

原田が殴りかかるも返り討ちして、複数回の蹴り。
瓶を取って、頭でかち割り、割れた後に口につっこむ!!

【過去】一色を助ける、征仁

(刑務所内でのある日)

一色がモブ2人から暴行を受けているところを征仁が助ける。
鈍器のような殴り、蹴り。
そしてまた殴り。蹴り。繰り返し。

終わった後に、二人でたばこを吸う。

一色「うめぇな~アンタがいなけりゃ、このタバコのうまさ分かんなかったんだろうな」

この、セリフ……
織田同志会 最終章』でめちゃくちゃ良い味だしてくれるので、覚えておいて欲しいお言葉。

 

 

—●当時の役職—
征仁:天道会織田組組長
一色:赤城組若頭補佐

トイレにて

一方的に二人組(若い人)に襲われ、原田は死亡。
松浦も襲われる。

卑劣な二人組

香澄、ジュンコ、神谷で飲む予定だったところ……

神谷は遅刻。
香澄はごはんを買いに。

留守番をしていたジュンコは、二人組(若い人)に襲われる。
頭を掴まれ、ガンガン打ち付けられて血だらけ。
平手打ち、腹パン。

本当は香澄を狙ったつもりだったが、間違えて去る。

(見ててつらいシーン。非戦闘員への暴行はつら><)
(ただこの二人、下衆野郎なのでこの位してくれると、やべー奴ら感が更に増していいですね)

ヤサ報告後に……

松浦に二人組の情報(ヤサ)を教えたのち、首を刺され死亡。

(※中盤で、松浦からおこづかいもらってパチンコに行った人です)

織田同志会

小野田の心配

小野田「俺は連合の後ろ盾を期待してました。その後ろ盾がなくなった今、この赤城との喧嘩は分が悪すぎます。」
征仁「喧嘩なんざ、いつの時代も頭を獲りゃそれで決まるもの」

織田同志会は、劣勢スタートは毎度のこと。
(織田同志会が数で優勢になることはまず無く、この会の恐ろしさを知っている者は手を出してこない。ゆえに、ちょっかいかけてくるのは数で勝てる、過小評価している者たちくらい。)

ガラス食わされるだけでよかったね!

虎松一家の紹介で、

原田「もともと喧嘩に負けたら、傘下に入ろうと思ってました。男を試すようなマネをして本当にすみません!」
松浦「ガラス食わされただけで済んでよかったよな?」
柳「ああ?」
松浦「俺はよ、ガラス食わされた挙句、目ん玉えぐり取られましたからね。」
柳「確かにな」
松浦「こう……どうぁああああっっ(大声)」
柳「怖いなぁ、でっかい声、急に」

突然始まる、コント(コントではない)。
(こういう時の周りの人たちの何とも言えない顔が好き)
しかし、あっさり次のカットへ。

副会長からの手打ちの考え

手打ちを考えていることを、織田同志会の面々(征仁以外)に話をする。

晋作「冗談でしょ。分が悪いってことだけで織田同志会が引く?」

この件に晋作、ぶち切れ。

  • 柳:副会長の考えも一理ある。
  • 松浦:会長に拾われた身なので付いていくだけ。
  • 矢島:会長には生きて欲しい。絶対に。

晋作は熱くていいね!
ほかのみんなは状況慣れしてるのか、取り乱さない。キャンキャンしない。

ここが帰る場所、横浜

小野田、単独で赤城組に行く前に、征仁と……

征仁「俺は前に言ったよな。横浜は俺たちの家だ。織田同志会は家族だ。ここはおまえの帰ってくる場所だ。そうだな?」
「死ぬんじゃねぇぞ」

うるうるしてしまう( ;∀;)

(副会長は絶対裏切らないって、はっきり分かる!!)
(『織田同志会 織田征仁』で征仁が出所再会した時に、めちゃくちゃ嬉しそうな顔が印象的だった)

 

 

一色さん

一色は手打ち提案するも、征仁はこれを一蹴。

一色「俺がうまく手打ちに持ち込みます。それまでは動かんでください」
~~~(略)~~~
征仁「駆け引きは得意じゃねぇ。」
一色「これ以上、死人が出てもいいんですか?」
征仁「覚悟あってのことだ。この喧嘩、勝つまでやるぞ」

一色さんもつらい立場。

敵側にいるけど「やりあいたくない」という複雑な関係っていいですよね。

猪瀬さん!

あれから4年の月日が…

速水「猪瀬、河重が死んで何年になる?」
猪瀬「もう4年になります」

あれから4年!!!
4年!!!!
時の流れがわかるのは、とても貴重。

相模会の先代、河重さんが亡くなるシーンは『織田同志会 第三章』です。

 

裏で動いてます

相模会は横浜連合に加盟しているので、速水会長の言葉がすべて。
織田組の傘下に入れない。

しかし、横浜連合会に加盟していない一本独鈷の組を織田組に合流するように動いてくれている!!

 

速水さん!

横浜連合会は関知しません

どうして?
織田同志会は「政治結社」から「ヤクザ組織」になるの??

征仁「横浜を守るためです。横浜を守るには極道に戻るしかないと思いまして。」
速水「なんか忘れてないか? 横浜には俺がいるってことを」
征仁「横浜の任侠団体は、いずれ織田の代紋の下で一つになると思っています。」
清水「おもしれぇ男だな。三島が認めただけのことはある。」

面と向かって言える征仁さん。
それに対して淡々と返す速水さん。

そして、「織田同志会は何でヤクザ組織になるのだっけ??」と忘れてしまった視聴者に向けて改めて教えてくれる優しさ。

 

死なせたくない!

不信な動きをする相場。

小野田、赤城組(一色、古藤)と接触。

一色「織田組解散か、織田が死ぬのが先か。二つに一つだ。うまくいきゃあ、おまえに盃くれてやる。赤城組、横浜支部のブロック長だ。織田が死なず、織田の為にもなる。織田守るためにはこれしかねぇぞ」
古藤「おまえもいつまでもナンバー2じゃあおもしろくねぇだろ、こんないい条件ねぇぞ」
小野田「本当に俺が横浜支部のブロック長になれるんですか?」
一色「ああ、約束する」
小野田「わかりました。その線で動きます。だが、保険が欲しい。」

今までの関係を見ていれば。「副会長は絶対裏切らない」って分かります。(^J^)

単騎で敵地に行って無事帰ってくるか、それだけが見ていてソワソワしてしまう。

神谷さん

  • 梅本さん……いない。

 

口がうっかり……

店(JAZZ FIRST)の再開の日取り

神谷「あ!いよいよって言ったら会長、香澄さんから連絡ありました?」
征仁「香澄がどうした?」
神谷「ああっ!!……俺のばか。香澄さん、店再開するみたいで……しゃべっちゃった」

もう神谷さん~~~!!(; ・`д・´)

圧倒的に抜けてるキャラがいないので、安定の神谷さんが今回も癒し担当。

 

香澄さん!

店をオープンすることについて

香澄「そばにいさせてください! だめですか?」
征仁「だめだ」
香澄「そばにいたい……」

香澄の手をほどいて、颯爽と去る征仁さん。

この後に、中華料理屋さんで、
松浦、矢島、柳、原田の4人でキャンキャンする!!

 

主題歌

「夜の果てに吹く風よ」
唄:坂本つとむ
作詞:森 浩美
作曲:坂本つとむ
編曲:森 拓人
ピアノ奏者:片岡英昭

 

好きなセリフ!

【西】「ヤクザってモンの怖さ、きっちり教えてやれ」
【征仁】「家族殺されて、下向いて生きる奴は男じゃねぇ、違うか?」
【小野田】「織田征仁を死なせたくない…それだけだ」
【晋作】「覚悟あっての織田同志会!そうだろうが!」
【一色】「うめぇな~アンタがいなけりゃ、このタバコのうまさ分かんなかったんだろうな」
【古藤】おまえもいつまでもナンバー2じゃあおもしろくねぇだろ、こんないい条件ねぇぞ」

引用:織田同志会 織田征仁 第九章

 

 

まとめ

副会長おおおおお!!!!

最終章とセットなので、続く……の終わり方。
副会長は織田同志会の為に動いてる

内部分裂?(していない)な雰囲気もあり、今までのままじゃあ勝てない雰囲気もあって新鮮!
最終章に向かっての戦争バチバチムードなので、ほっこりコントシーンは少なめ。

 

 

 

 

 

いつも、ありがとうございます!
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼コメント