任侠作品織田同志会 織田征仁

『織田同志会 織田征仁 第八章』今、この時をもって、政治結社織田同志会は解散する

織田同志会 織田征仁第八章 織田同志会 織田征仁

任侠作品『織田同志会 織田征仁 第八章』の「あらすじ、キャスト・スタッフ、登場人物、相関図、個人の感想」を記載しています。

スポンサーリンク

概要

あらすじ

一つの火種が横浜を飲み込む大火となった。
渦中の織田征仁(的場浩司)は過去に因縁を持つ赤城組の柴田元成(高杉亘)から執拗な襲撃を受ける。
過去との邂逅…数多の因縁の決着の末に織田が下した決断とは!?

(引用:youtube

 

キャスト・スタッフ

【CAST】
的場浩司
萩野 崇
青木玄徳
佐藤藍子
火野正平
【STAFF】
監督:藤原健一
発売元:アドバンス
販売元:ライツキューブ
©2021 アドバンス

(引用:youtube

 

 

ストーリー

『織田同志会 織田征仁 第七章』前回のあらすじ→政仁、三島を訪ねる→羽生、入院している妹を訪ねるも容態はよくない(精神的なもの)→柴田は過去にシャブ売り、妻にDVで三島会に絶縁された過去→征仁、帰宅運転中に襲撃を受ける(柴田からの刺客)→柴田の会話→征仁を狙ったサタケに制裁→猪瀬、キツネを訪ねる→織田同志会事務所で現状の話からの桜井登場→三島会、話しているところに襲撃受ける→三島、入院(2.3日が山の危険な状況)→柴田、ニュースで三島会襲撃の状況を得る→柴田、ニュースで現状を知るそして赤城組から呼び出し→神原もニュースで三島会の件を知り織田に連絡するも繋がらない→赤城組の幹部会→織田同志会に日本川崎烈風隊が力になりたくて訪ねてくる→織田同志会管轄のお店はすべて休止、戦い前のそれぞれの→織田陣営、襲撃を受ける本格ドンパチへ→赤城組、織田同志会との戦争準備(愚連隊に舐められているという大義)→戦い後の織田同志会

 

⇒第9章へ

 

登場人物

織田同志会

会長:織田征仁
副会長:小野田勝利
構成員:杉田晋作
構成員:矢島達也
構成員:リュウ
構成員:松浦竜一
構成員:柳慎吾

征仁の影:八木勘吉

政治結社 三島会

会長:三島剛三
副会長:羽生重文

虎松一家

(元三代目組長):田川長次郎
五代目組長:神原信光

日本川崎烈風隊

隊員:近藤大志
隊員:野火和文

赤城組(上州)

四代目総長:西 勝

一色組

若頭/組長:一色孝信

柴田一家

若頭補佐/組長:柴田元成(元三島会
組員:中野忠雄
組員:サタケ

新野組

若頭補佐/組長:新野貴

古藤組

若頭補佐/組長:古藤克也

相模会

会長:猪瀬義男

その他

ホステス:木下茉莉
情報屋:梅本孝也
バーの店長:高木香澄
元神谷組組長:神谷昂

横浜港署組織犯罪対策課刑事:桜井栄一
羽生の妹(柴田の元妻):羽生美香

 

織田同志会織田征仁 第八章_相関図

 

 

 

ココが好き!

ドンパチ!

政仁を狙ったヒットマンを…

三島会から帰宅運転中に襲撃をうける。
バイクにのったヒットマン(柴田一家のサタケ)を足を撃つ。

 

両手両足にドスを刺していく

ヒットマン「もうやめてください、知ってること何でも話しますから」
征仁「話さなくていい」
ヒットマン「おねがいします、聞いてください、自分、柴田一家のサタケって言います……柴田の親父から織田さんを弾けって言われてきたんです」

と、説明している最中に
ビチャビチャと液体(灯油?)をかけてくる。

征仁「ほかに話したいことはあるか?」

マッチを腹に落とし、めらめらと燃えていく。

 

襲撃される三島会

三島会の事務所、カチこまれる。

火炎瓶を投げられ、一人がメラメラ燃える。(2回目の炎めらめらシーン)
発砲。刃物で負傷死亡者多数。

三島がタバコ一服中に銃口を向けられるも

三島「柴田はどうした?」
柴田一家構成員「おいぼれ一人殺すのに、親父がくるわけねぇだろう」
三島「ああ……三島剛三も舐められたもんよのう」

立ち上がり、

三島「おい、若けぇの。この距離で当たるか?」
柴田一家構成員「うるせぇ、死ねよ」

で発砲と同時に太刀を抜き相手を殺すも、腹に弾丸をもらい入院。

 

リュウ、柴田一家らに……

夜道、リュウ襲われる。

右脇を刺され、更に正面から3人に刺される。
~~からの死亡。

 

入院中の三島、撃たれる

「当直が変わった」と、医者に扮した男が侵入。
診察するふりをして、腕に入れ墨が見え、取り押さえるも発砲。

 

道端で、

小野田、矢島、松浦が襲撃を受ける。

 

警備はあってないようなものなのです(╹◡╹)

織田同志会の事務所に、勝手に入ってくる柴田一家ら。

あっさり侵入されてしまうところに、ふふっ(笑)……ってなってしまう。
お互い、厳戒態勢っぽいのになぜだ?!

 

柴田一家にカチコミ

マシンガンぶっぱなしの征仁さん。

階段で松浦、晋作が応戦。

二丁拳銃の小野田さん。矢島は頭突き連発からの殴り、そして刺し。

柳は、長ドスでスタイリッシュに刺す。

 

織田VS柴田

マシンガンぶっぱなし、柴田一家の部下らを一掃。

征仁「貴様は簡単には殺さんぞ」
柴田「殺せよ。織田……俺を殺せば赤城は動く。おまえの終わりの始まりだあ!」

長ドスで軽くやりあうも、あっさり柴田の右腕を切り落とす。
柴田はそれを見て煽り、征仁さんはさらに刺しこむ。

柴田「見えるぞ……俺には見える……てめぇが三島のように嬲り殺される姿がなあ!!」

からの政仁さん、一身に柴田を殴り続ける。

リュウと三島会長の回想入れてくるから、涙がああああ( ;∀;)

死んでも殴り続ける征仁を晋作が止めるも、ひたすら殴り続ける。
松浦、矢島、柳で抑えるも感情があふれる。

 

スポンサーリンク

小野田さんは怒りますよ!!( ゚Д゚)

小野田「会長どこに行かれた?」
リュウ「三島会に行ってます」
小野田「一人で?」
矢島「はい」
小野田「ばかやろおお!!!何で誰もついていかねぇんだ」
晋作「自分が一緒に行こうとしたんですが、会長に一人で行くと言われて」
小野田「今の状況分かってんのか?赤城組相手にしてんだぞ!殴られても会長を一人にするんじゃねぇ!」

そして言ってるそばから、ヒットマンに襲撃を受ける征仁さんである。

 

柴田一家の情報

本家は群馬。直系が埼玉、山梨、栃木にあり。
構成員だけで200名、関係者はその倍以上(200対7の構図)。

シャブで大きな利益をあげ、上納金とは別に本家の親分に直接お金を渡している。

金で地位を買った。
赤城会の若頭・一色とは折り合いが悪いが、総長からは金儲けがうまいので重宝されている。

 

戦いの前に……

横浜の夜景を観ながら……

松浦「しばらくこの街ともお別れか」
矢島「目に焼き付けとかなくちゃ。俺、本当にこの街大好きなんすよ。光と闇の二つの顔を持つ横浜」
松浦「ふふっ……詩人だねぇ、デブのくせに」
矢島「デブは関係ないでしょ(笑)」

そして、二人でタバコ一服。

矢島「俺、こんなでけぇケンカ初めてなんです」
松浦「なんだ、てめぇ。ビビってんのかこの野郎」
矢島「いえ、それが不思議と全く怖くないんです」
松浦「ふっ……俺もだ」
矢島「何でですかね?」
松浦「信じられる男と一緒だからじゃねぇか。会長といるとよ、怖ええって感覚が無くなっちまう」

征仁さんってそこにいるだけで、人を前向きにさせる!!

 

戦いの前に……その2

決戦前に手入れ中の柳と電話する神原

神原「俺も今からそっちに向かう。兄貴には内緒にしといてくれ、来るなって言われそうだからよ」
柳「いや、無理ですよ。俺が会長に叱られますよ」
神原「嫌な予感がするんだよ、おまえも分かるだろ?」
柳「はい……嫌な臭いがぷんぷんしてますよ」
神原「とにかくそっちに向かう。いいか、兄貴には黙っておけ」

ものすごいフラグかな?_?
第七章も思ってたけど、神原さんが「アニキ!アニキ!」って、征仁さんを手伝いたい!のがフラグなんじゃないかと思って怖くて仕方がない。いきてほしい。

 

 

高木さんは待っている。

高木「何も聞きません。無事に帰ってきてください」

手をぎゅっと握るが、何も返さない征仁。

戦いの前に……その3

晋作「会長、ありがとうございます」
征仁「なんだ?」
晋作「いや、なんか……ちゃんと言っておきたくて」「俺……会長に出会ってなかったら、クソみたいな人間になってました。何があろうと、最後までついていきます」

征仁さんは晋作を見るも、何も返さない。

 

スポンサーリンク

征仁さんは怒っておりますぞ( ゚Д゚)

征仁さんは、桜井から
三島会長、リュウが殺されたことを聞き、怒り。

静かに「行くぞ」っていうのが、とてもかっこいいです。

 

政治結社・織田同志会の解散

征仁「おまえたちに話しておくことがある。今、この時をもって、政治結社織田同志会は解散する」

一同、ざわざわ。

征仁「今日からは任侠団体。……織田同志会、織田組だ。横浜にある任侠団体は全てうちの傘下にする。織田の代紋しょって生きるか、織田の反目にまわるか」
猪瀬「織田……おまえ正気か? 横浜にどれだけの組があると思う。大人しくしてるがハヤマ一家の枝だってあるんだぞ。コトブキには、広域の二次団体、三次団体だってある。赤城組だけじゃなく、地元の組まで敵に回すつもりか!!」

虎松一家(静岡)、日本川崎烈風隊は賛同。
相模会は、保留。

 

主題歌

「夜の果てに吹く風よ」
唄:坂本つとむ
作詞:森 浩美
作曲:坂本つとむ
編曲:森 拓人
ピアノ奏者:片岡英昭

 

好きなセリフ!

【征仁】「おまえは光の当たる場所で生きろ」
【柴田】「織田の野郎、あいかわらず楽しませてくれるなぁ」
【柴田】「おまえらしいな。すぐ乗り込んできやがる。相変わらず単細胞だな」
【征仁】「貴様は簡単には殺さんぞ」

 

 引用:織田同志会 織田征仁 第八章

 

 

まとめ

柴田一家と虎松一家は、ニュースで三島会のことを知るのがおもしろい!!
(もう少し早く情報仕入れられそうなのに)
そして、ニュースにばっちり映っちゃう織田同志会の皆々(笑)。

三島会長とリュウがやられて、感情を露わにする征仁さん良いです。
戦いの前は、クールに静かに戦いに備えてたというのに。とてもいい対比。

両手両足刺されてからの炎めらめらシーンは特に良いので、めらめら見てください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

組員サブロー

任侠作品が好きなとある組員。
前任者から引き継ぎ「作品の良さ、知識など」を伝えるべく更新中。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼コメント