任侠作品日本統一

『日本統一 関東編 第4話』罰を受けることを覚悟で俺たちは法を破る

日本統一_関東編_第4話 日本統一
任侠作品『日本統一 関東編 第4話』の「あらすじ、キャスト・スタッフ、登場人物、相関図、個人の感想」を記載しています。

 

【公式予告編】『日本統一 関東編2』2023年7月25日レンタルDVDリリース
スポンサーリンク

概要

あらすじ

清純が率いる謎の集団のアジトへ殴り込みに行った侠和会は、一斉射撃で反撃を受けるが、間一髪で島と早見が救援に入り命拾いする。
思うように捜査ができないことに苛立つ早見は、「本当にやるべきことのためなら、法を破る」と言った氷室が正しいのかもしれないと呟く。
一方、清純の一味に新たな人間が接触してきて…。

(引用:youtube

 

キャスト・スタッフ

【出演】
本宮泰風
山口祥行
青柳翔 藤原樹
髙石あかり 一ノ瀬竜 アキラ100% 平埜生成 秋山ゆずき
舘昌美 北代高士 勝矢 中澤達也
本田広登 川﨑健太 岸田タツヤ 喜矢武豊
鈴木隆仁
山下容莉枝
岩松了
寺島進

監督:辻 裕之
発売元:「日本統一 関東編」
製作委員会 販売元:ライツキューブ
©「日本統一 関東編」製作委員会

(引用:youtube

 

 

ストーリー

『日本統一 関東編 第3話』前回までのあらすじ→【倉庫】島と早見登場、どんぱち!で逃げられてしまう→侠和会、刑事から事情を聞かれる→【八曲警察署】島、速見、署長/(留置所の田村)→一方その頃のアンダギー→【署内廊下】島と速見→【侠和会】鈴森からの情報(サイトの情報とJP文岡について)→書き込みしたデバイスのもとへ向かう(侠和会事務所近くに張り込んでいた速水も向かう)→【のっぱら】青年発見、銃撃戦!→【八曲警察署】署長と島と速見→【セミナー会場外】侠和会/島とJP文岡の様子見→氷室と白い仮面

 

第5話へ続く⇒

 

登場人物

侠和会

  • 氷室蓮司(ボス)
  • 田村悠人(山さん)
  • 坂口丈治(アル)
  • 斎藤浩樹(ブタゲルゲ)
  • 中島勇気(ソープ)
  • 川上章介(ことにゃん)
  • 石沢勇将(ゴリ)
  • 山村義明(アニー)
  • 宇垣竜次(リュウ)
  • 翁長照邦(アンダギー)

 

八曲署

署長:小山田豊

捜査一課

巡査部長:島拓也
刑事:早見亮太

捜査四課

刑事:黒岩

 

???

白い面をつけた男:???

一家心中の生き残り:内田伸子
ひきこもりの息子:露木朝雄(ハンドルネーム:アーサー)
建設会社の事故で夫を亡くした未亡人:洋子
弟を事故で亡くした兄:荻原

露木家夫人(朝雄の母):露木紅子

 

その他

情報提供/ハッカー:鈴森

JPT文岡の書き込みをした人:ハットリ

JPトンプソン会長:文岡

 

日本統一関東編04_相関図

 

 

ココが好き!

【舞台】:八王子

ドンパチ!

前回からのつづき:倉庫戦

侠和会は一方的に発砲を受ける!

容疑者たちは白い面の男たちサイドへ。
発砲中にも関わらず、アーサーはアップルちゃんカードを取りに行く。
アーサーを守る氷室。

そこへ刑事、島と早見が登場!
「武器を捨てろ」と命ずるが、発砲は止まらない。
氷室は、刑事二人に伏せるように動く。

その隙にアーサーは連れ去られ、
発砲を受け続けているその間に、白い面サイドはみな撤収。

逃亡際に、車のタイヤをパンクさせられたため、逃がしてしまった。

 

銃撃戦!

【のっぱら】待機している青年(=JPT文岡の殺害依頼した人)。

氷室「気をつけろ、やつらはもう来てるぞ」

早見も、侠和会たちより少し離れたところで様子見。

白い面の男は青年に近づく。

青年「あんたらは、文岡を殺す覚悟があるのか?」

白い仮面の男は笑い、青年に銃口を向けた後に、
侠和会のほうへ銃口を向ける。

そして、茂みから黒い覆面の武装した人たちが現れ、白い面の男たちは撤退。

黒い覆面ら複数名?が発砲しまくる!
それに対して侠和会も応戦発砲!
見ていた早見も参戦。

青年はバックから、ショットガン?をとりだし、黒い覆面の男一人に撃つ。
黒い覆面たちは撤退。
白い面の男グループ?の一人が、マシンガンを侠和会へぶっぱなし。
全員伏せる形になる。

結果的に、銃撃戦!!!

早見「ここ、日本だろ?」

マシンガンぶっぱなしの間に、相手方は撤収。
侠和会(氷室以外)は 青年を探すが、おらず。

早見は氷室に、この状況を問う。
氷室は素直に「わからなくなった」を答える。

氷室「ところで、どうする? 拳銃の不法所持に、使用も、現行犯だ」
早見「見逃したら情報をくれるか?」
氷室「なに?」
早見「協力してくれ、俺も犯人を捕まえたい」

(ココでは、早見さんは島さんと違う考えを持っていることが分かりますね!)

 

氷室vs白い面の男

早見によって逃げたハットリ。

逃げた先には、白い面の男と黒い覆面の武装した人ら。
取り囲まれる。
ハットリはバックから取りだそうとするが、白い面の男はハットリを蹴っ飛ばし。
何度も蹴る!!殴る!!の暴行。

と、そこへ氷室登場!

白い面の男「氷室! 知ってるよ。また有名人に会えて嬉しいねえ」
氷室「おまえもツラ見せたらどうだ?」
白い面の男「あんたが死ぬ時にふふふふふ」
氷室「人前に顔も出せねえ、無抵抗の人間を痛ぶることしか能がねえ。そんな人間になりてえのか?」
~~~(略)~~~
白い面の男「無抵抗の人間を痛ぶる以外にも得意なことはあるんだな~」
氷室「みせてみろ」

デーン! 次回へ続く!!(・∀・)

 

八曲警察署の動き

倉庫戦の後……

  • 侠和会vs白い面の男たちに介入するが、逃げられてしまう。
  • その後、氷室に事情をきき、(島の意向で)田村を逮捕する。

 

令状は出せないと言われる。

  • 島、早見は「個人デバイスの応酬と解析を求める(交換殺人)」

署長「交換殺人の証拠は?」
早見「その証拠を掴むために令状を」
署長「順番がちがう! 捜査対象はみんな容疑を外された一般市民じゃないか!ともかく、はっきりした根拠がないと、ちょっとまて。おまえら侠和会の田村を逮捕したそうだが、情報源はやつか? え? 暴力団幹部の供述なのか?!」
早見「そういう問題じゃないでしょう」
署長「おおいに問題だよ。ともかくやつの供述書をみせてみろ」
島「やつは……」

※田村はずっと黙秘。

署長「なんの根拠もないということか、令状の申請はゆるさん。私が判事にバカだと思われる。ぜったいにダメ!」

((`・ω・´)ダメっ)

 

【署内廊下】:苛立つ島と速見。

早見「やりましょう!」
島「やるって何をだ?」
早見「デバイス押収して!」
島「勝手になかを見るって言うのか? ここはロシアや中国じゃねえんだ。そんなことが許されるわけねえだろ!」
早見「……氷室が正しいのかもしれない」
島「なんだと?」
早見「法律ってなんですか? 誰のための法律ですか?! そんなもんに縛られずにやるべきことを」
島「俺たちは警察官なんだぞ」

少し前から見ていた黒岩。
早見が去った後、黒岩は島のところにきて、肩をぽんぽん。

黒岩「あいつは、おまえを裏切ったりはしねえよ、そうだろ」

早見、銃撃戦に参戦する

早見は侠和会近くで張り込んでいた。
侠和会の車のあとを追い、のっぱら銃撃戦に参戦。

のち、氷室から情報を得る。

 

早見は、JPT文岡の暗殺計画を報告

速見は島に、説明。

署長「jpトンプソンの文岡会長の暗殺計画?! たいへんだ。すぐ本庁に」
早見「証拠とか情報源とか、聞かないんですか?」
署長「なんにも知らんのだな。あれだけの問題を起こしたJPが、どうして今だに堂々と活動できていると思う?」
島「……察しがついてきましたよ」
早見「全然わかりません。ちゃんと説明してください!」
署長「いいだろう。日本の黒幕と言われたササジマゲンサイ。名前くらいは聞いたことあるだろう。JPに検察の捜査が迫った時、文岡会長はササジマを通して与党幹部を買収。捜査を止めた。ササジマが死んだ今も、JPは多額の献金と選挙応援を継続して、与党と深く結び付いてるんだ。にっぽんの選挙の流れはJPトンプソンの名にいってるといい。わかったか? この情報が、いかに重大の意味を持っているのか」

(分かりやすく説明してくださる!!(∩´∀`)∩)

 

JPT文岡氏のセミナー終わりに

【JPトンプソンのセミナー会場外】侠和会たち、刑事:島と早見。

 

ここで「JPTの書き込みをした人物」=ハットリ であると分かる。

  • 島:単独行動せずに応援を呼べば、ハットリを逮捕できた。
  • 早見:逮捕できても、逮捕はしない。

早見「ハットリは、JPの被害者です。あいつがかわいそうだ。逃がしてやりたい」
島「逃がせばまた文岡を狙うぞ。人を殺すことになるんだ」
早見「…………」
島「あのやくざどもに感化されちまったらしいな」
早見「そんなんじゃありません。俺も血の通った人間です。それだけです」

(ハットリの気持ちも……(´Д⊂ヽ)
(「逮捕することで、罪を犯さないで済む」と考えれば、島さんの考えもまた)

 

島は速見に「会場の裏に回る」ように指示。

文岡が登場。
たくさんの信者人たちが見守り歓声、拍手!!!

ハットリ、登場!
それに侠和会たちも島も気づくが、人がわちゃわちゃで波から出られない。

ハットリはバックから取り出そうとしているところ。

早見「逃げろ。無理だ。逃げろ!」

声かけと警察手帳を見せて、ハットリをその場から逃がす。

 

侠和会の流れ

(※侠和会内のやりとりは、事件解決までニックネームで記載します)

(侠和会:ニックネームのまとめ)

  • 氷室蓮司:ボス
  • 田村悠人:山さん
  • 中島勇気:ソープ
  • 坂口丈治:アル
  • 斎藤浩樹:ブタゲルゲ
  • 川上章介:ことにゃん
  • 石沢勇将:ゴリ
  • 山村義明:アニー
  • 宇垣竜次:リュウ
  • 翁長照邦:アンダギー

島は氷室に説明を求める

【倉庫戦の後】
白い面の人たちや、容疑者を逃がしてしまった後、
島は、氷室に説明を求める。

  • 氷室:交戦した相手が連続殺人の実行犯、殺人を請け負っている
  • 島:露木親子が殺人の依頼者ならは、なぜ攫われるのか?

⇒仲間に引き入れようとしている。
他の容疑者である「萩原」「洋子」「伸子」がいたという証拠がある。

 

島は氷室に問う。
「露木親子だけでなく、他の容疑者にどうやって辿り着いたのか?」
(彼らに容疑がかけられていることは、公表されていない)

⇒ハッキング。

氷室「違法なのは百も承知だ。それでもやる。なんの繋がりもなかった容疑者たちを繋いだカギは、ウェブ上にある。そうとしか思えねえ」
島「それは警察の仕事だ!」
氷室「あんたら、容疑をかためて令状とらなきゃ動けねえだろ。それじゃあ遅い。だから俺たちがやる。……違法行為であろうが、ほんとにやるべきことのためなら、罰を受けることを覚悟で俺たちは法を破る。あんたらにその覚悟があるのか?!」
島「…………逮捕する」

(かっこよ。並の人はこんなこと言えません)

 

侠和会サイドざわざわ!
ざわざわ!(`・ω・´)

中島「今のは事情聴取ちゃうやろうが」
斎藤「自白になんねえだろ! ただの世間話で逮捕できんのかこのやろう」
島「暴力行為の現行犯だ!!」

ざわざわざわざわ!!(; ・`д・´)

田村「うるせえ、うるせえ、騒ぐんじゃねえよ。おい、引っ張るならよ、俺引っ張れ」
~~~(略)~~~
田村「助けてもらったから、借り返さねえとな」
氷室「悠人」
田村「いいんだよ! この前おまえが引っ張られたから今度は俺の番だ。心配すんな、やましいもの持ってないからよお。すぐ出られる」

「助けてもらった」=「倉庫戦での、白い面の男たちからの発砲」
ここで、田村さんが逮捕されて戦線離脱。

 

答えはウェブ上にあります!

【侠和会/電話】鈴森から氷室へ報告。

  • 鈴森:容疑者たち全員がアクセスしているサイトがある「恨み手帳」
  • 「恨み手帖」:恨みを書き込む掲示板にしか見えない。が、管理人から殺しを持ちかけている?(サイト管理人の特定中)
  • 氷室:管理人は白い面の男??

そこへ新たに書き込みが!

恨み手帖1022P
親が全財産貢いで一家離散
あの時、俺は死んだ
JPT文岡 20年の恨みを晴らす時が来た

 

JPT文岡とは……

リュウ「じぇーぴーてぃー?じゃぱん…」
ことにゃん「知らねえのか? 20年前JPT文岡といえば」
ソープ「JPとんぷすの文岡っちゅうのは、あれや。会長の名前や」
アニー「はい?」
ボス「JPトンプソン。人の名前じゃねえ。巨大マルチ企業の社名だ。20年以上前大問題になった」
アニー「自殺や一家離散ですか?」
ボス「それだけじゃねえ。金を吸いとられた被害者たちが集団訴訟を起こしかけた時、原告側の弁護士が一家全員失踪した。いまだに見つかったって話はきかねえ」
リュウ「え?!そんな、そのJPなんとかってのは、その秘密部隊でもあるんですか?」
ブタゲルゲ「それが噂になって大問題になったんだよ!」
ソープ「なんせ、セミナー参加者はカルト並みに洗脳されるらしいわ」
アニー「全然知りませんでした」
ボス「あれだけ騒ぎになったのに、いつのまにかうやむやになった。それでもJPが消えて無くなったわけじゃなかった、今でも被害者を増やし続けてやがるんだ」

(マルチ、カルト、セミナー、洗脳……うっ…あああああ><)

このあと氷室は、鈴森に
書き込みした者デバイスを特定、座標を送ってしてもらい向かうことに!

JPトンプソン文岡氏の書き込み人物を追って……

  • 書き込みをした人物のもとへ行ったら、銃撃戦に発展。
  • 文岡氏のセミナー会場外で、様子を伺う侠和会たち。

 

一方その頃、アンダギー

アンダギーはベッドの上。
起き上がろうとするが、起き上がれない!

(安定のほっこり担当(^J^)癒し)

 

 主題歌・エンディング曲

Yamato – Fujiyama feat. ELIONE (Music Video)【ドラマ「日本統一 関東編」主題歌】

主題歌
Yamato「Fujiyama feat. ELIONE」

 

山崎一門 「KOBUSHI」 Music Video / YAMAZAKI ICHIMON "KOBUSHI"

エンディング曲

山崎一門「KOBUSHI 」

作詞:秋元 康
作曲:つげ由秀
編曲:野中“まさ”雄一

好きなセリフ!

【氷室】「あんたら、容疑をかためて令状とらなきゃ動けねえだろ。それじゃあ遅い。だから俺たちがやる。……違法行為であろうが、ほんとにやるべきことのためなら、罰を受けることを覚悟で俺たちは法を破る。あんたらにその覚悟があるのか?!」
【早見】「法律ってなんですか? 誰のための法律ですか?! そんなもんに縛られずにやるべきことを」
【早見】「協力してくれ、俺も犯人を捕まえたい」

引用:日本統一 関東編 第4話

 

 

スポンサーリンク

まとめ

どんぱち銃撃戦がアツイ!! ここは日本なのですか?!
今回は侠和会よりも、\刑事、早見さんの回!/

早見さんは、「こういう考えを持っている人なのか!」と分かる回!
新たな人物JPT文岡氏の情報に、……頭がいたたたた><
白い面の男と対峙する氷室さん、そして次回へ続く!

 

 

 

 

組員サブロー

任侠作品が好きなとある組員。
前任者から引き継ぎ「作品の良さ、知識など」を伝えるべく更新中。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼コメント